ブログパーツUL5
今週のまげわっぱお弁当〜【ごはん】
0

    物書きなのに小説ネタが少なくすみません。

    はい、今週のお弁当です。

    まげわっぱでございます。

     

    どうだ。

    ピリ辛肉そぼろ弁当〜

     

    ほいさ。

    チキンカツ弁当〜

     

    どりゃ。

    たらこ弁当〜

     

    まげわっぱ、ってすごい。

    お米もおかずもおいしくなるのは本当だった。

    そして映える!

    ……それでも週に何度か作るの挫折はするけれど。

     

    来週もがんばりまする。

    みなさんも、よいお弁当ライフを〜

     

    ところで、Facebookで

    ナショナルジオグラフィックのトップファンに

    認定されました。

    なにをどうすればいいのかわからないものの、

    とりあえず、ありがとうございます。

    ナショジオ、大好きでございます。

     

    深緑野分氏の『戦場のコックたち』よんだ【本のツボ】
    0
      評価:
      深緑 野分
      東京創元社
      ¥ 1,078
      (2019-08-09)
      コメント:タイトルどおり、戦場のコックである主人公のほぼ一生の物語。丁寧に時代をつむぎ、読者のこころが折れそうになるところでミステリと料理が包み込む。ここまで書き切るなど、スゴイをこして、作者の貪欲さを感じずにはいられない。

      深緑野分氏の

      『戦場のコックたち』を拝読。

       

      原稿のペース配分とか力尽きとか、

      そんな言葉がちゃんちゃらおかしくなるほど、

      の作品である。

       

      久々に「むさぼり読んだ」作品である。

      そもそも深緑氏については

      知識ゼロで、

      書店でたまたまタイトルに「お」と

      手に取った作品であった。

       

      タイトルに偽りはなかった。

      まさに戦場のコックたちの物語。

      もっとも帯は、どうかなー。

      これに惹かれたクチではあるが。

      そんな生易しいものではなかった。

       

      近年珍しい小さいフォント。

      それでいてなかなかの分厚さ。

      版元は東京創元である。

       

      この段階で身構えていたものの、

      「意外と読みやすい?」

      「めちゃくちゃ丁寧だし?」

      「戦争物でここまで親しみやすいって?」

      すごいな、と思っていたのですよ。

       

      そうしたらね。

      最初だけじゃなかった。

      この丁寧クオリティが最後まで!!

       

      時代描写が、戦況が、

      まるでその場にいるみたいで。

      冒頭のパラシュートで落下して

      戦地に赴くシーンなど、

      読んでいて膝ががくがくしたほどである。

       

      それだけじゃないぞ。

       

      人物描写の丁寧さときたら!

       

      それが最後までだと!?

       

      地下鉄の中で、

      作中は戦場なのに、キャラがほにゃらって

      地下鉄おりなくちゃいけなくなって、

      気持ち立て直せずどんだけ困ったと思ってんだ。

      どうしてくれるんだ。

       

      翻訳モノならこういう作品、あると思う。

      けれど、翻訳くさくなくてこれだけ

      先の大戦の世界情勢を

      暗くなりすぎず、

      かといってけしてお気楽ではなく、

      書き切られたらね?

      泣くでしょう?

      泣いたよ。何度も。

       

      思うに。

      ラストやそこかしこ、

      内田善美氏を彷彿とさせるのである。

      あの独特な空気感、

      再読したくなった久々の1冊である。

       

      曲げわっぱ前の今週のおべんとう☆彡【ごはん】
      0

        まげわっぱを手に入れて、

        明日からは新しいお弁当箱でのお弁当。

         

        ときどきはこちらも使うであろうが、

        しばらくはまげわっぱだろうってことで。

         

        ありがとう、お弁当箱。

        きみたちの安定フォルムは大好きですよ。

         

        では、お弁当ラインナップはこちら。

         

        まず、ツナマヨ2色丼

         

        エビのフリッター弁当に

         

        豚丼弁当

         

        そして、チーズたっぷりバーグ丼☆彡

         

        いまの職場は世間と隔離された場所にあって、

        だからお弁当を作らないと。

        大学生協まで徒歩10分以上とね。

        コンビニも10分はかかるから、

        「小腹へった〜」と

        出かけることができない不安でいっぱい。

        (出前には来てくれるらしいけど)

         

        自然、お弁当を作ろうという気持ちも増すのだ。

         

        前の職場は建物の中にコンビニあって

        徒歩っていうか廊下曲がった先にあり、

        「あーもーやってらんね」とチョコを買いにいったっけ。

         

        そういう無駄遣いができなくなって

        うん、よかったです。

         

         

         

         

        エネルギーフォーラム小説賞の広告で宣伝していただき【小説】
        0

          第7回エネルギーフォーラム小説賞の広告で

          https://www.koubo.co.jp/energy-forum/

          拙作、長編SFサスペンス

          『南極からのしらせ』が

          宣伝していただけております。

           

          いろいろ

          「なんと、そうだったのか」という情報満載。

          うーんと。

          受賞できなくても書籍化のチャンスがありますぞと。

           

          ちょっと時系列の問題もあり、

          わたくし自身のこのあたりは

          忖度して言わなかったんですが。

          もういっちゃっていいみたいなので。

           

          はいそうでございます。

          いきなりエネルギーフォーラム社とご縁ができたのは

          エネルギーフォーラム小説賞へ公募したから。

          受賞できなかった作品は

           

          『ペンギン事変』

           

          *あらすじ*

          長編ライトミステリー。

          ペンギン大量死事件が発生。その現場は

          ──南極大陸!?

          (画像クリックでHPへ)

           

          こちらはすでにデジタル書籍として流通中です。

          エネルギー、エコのネタ満載のひとしなとなっております。

          さらにはコミカルなのも自負。

          なにしろこんな章タイトルなんだから。

           

          1.せっかく夏になったのに、とペンギンは憂う

          2.ソーラーシステムなんて関係ないし、と

          ペンギンはご立腹

          3.いやもう本当にコイツら邪魔なんですけど、と

          ペンギンは大迷惑

          4.こいつら一体なにがしたいんだよ、と

          ペンギンは迷惑顔

          5.おとなしくしてりゃいい気になりやがって、と

          ペンギン切れる

           

          どうどうどう?

          これは、とおおもいになってくださったら、

          是非ぜひ。

          税別ワンコインです。

          Yahoo!でもAmazonでも紀伊國屋でも

          だいたいのデジタル書店にございます。

           

          よしなに。

           

           

           

           

          蓋の境目が斜めなのがポイントで。しかも朱が入っているのですよ【ごはん】
          0

            かねてから、

            お弁当箱として

            まげわっぱが欲しいよう、

            だけど高いんだよね、

            どういうのがいいかわかんないし、

            そう、こちらでボヤいていたのを

            お覚えであろうか。

             

            結論からいうと、

             

            買っちゃった★

             

            こちらである。

             

            どうだー。

            蓋が斜めで朱がはいっているんだぜ。

            かっこいいだろう〜。

            もちろんお弁当箱としては高額である。

            お値段、1本である。ひょえええ。

             

            最初、探していて見つけてこの値段で。

            「かっこいい、でも高い!」

            「はあ、でもかっこいい」

            「ぐあああ、ほしい。でも高い」

            そう悶々と繰り返すこと2週間近く。

             

            気にしているからか、

            この間、

            「まげわっぱのお弁当のごはんは硬くならない」

            とか

            「おかずもふっくら美味しい」

            とか。

            「手入れはちゃんと洗ってちゃんと乾かせば大丈夫」

            とか。

            だったら、超乾燥シーズン突入のサッポロ、

            問題ないかな、とか。

            ぐああああ、と身もだえていたところに、

             

            ディスカウントのお知らせが。

             

            半額とか、そんなデカいディスカウントではない。

            だがしかし。

            定価でも買おうかと悩んでいた者の背中を押すには

            もうね、十分でね。

            かっちまったわけですよ。

             

            今日は金曜日だけれど、

            さあさあさあ。

            週明けが楽しみです。

            がんばって、お弁当作りますよう。

             

             

             

            CALENDAR
            SMTWTFS
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            << November 2019 >>
            PR
            ENTRY(latest 5)
            ARCHIVES
            CATEGORY
            COMMENT
            TRACKBACK
            • 伊坂幸太郎氏『アイネクライネナハトムジーク』よんだ【本のツボ】
              粋な提案 (09/23)
            • 米澤穂信氏『折れた竜骨(上・下)』読了 【本のツボ】
              粋な提案 (11/08)
            PROFILE
            天川さくブログランキング
            MOBILE
            qrcode
            LINK
            RECOMMEND
            南極からのしらせ
            南極からのしらせ (JUGEMレビュー »)
            天川 さく
            拙作・長編サスペンス小説。単行本です。エネルギーフォーラム社。◆ペンギンからメールが届いた。太陽の異常活発化のしらせだ。白瀬湊は地球を灼熱地獄から救えるか!?
            RECOMMEND
            ウインナーコーヒーと彼の手と なごみカフェ (AINE)
            ウインナーコーヒーと彼の手と なごみカフェ (AINE) (JUGEMレビュー »)
            天川さく
            なごみカフェ・シリーズ
            第3話 ウインナーコーヒーと彼の手と
            大好きな彼の様子がおかしくて。
            彼にはどうしても幸せになって欲しいから。
            だからわたしは。
            短編ピュアラブ、ちょこっとミステリー
            RECOMMEND
            ピリカラーな彼女とバナナジュースと なごみカフェ (AINE)
            ピリカラーな彼女とバナナジュースと なごみカフェ (AINE) (JUGEMレビュー »)
            天川さく
            なごみカフェ・シリーズ
            第2話 ピリカラーな彼女とバナナジュースと
            「わたしのこと、嫌いになった?」彼女はことあるごとに、そうぼくにたずねる。冬の北海道で繰り広げる理系カップルの頭脳戦ラブ。
            恋って、好きだけじゃ、続けられない──。
            RECOMMEND
            恋と月とペンギンと なごみカフェ (AINE)
            恋と月とペンギンと なごみカフェ (AINE) (JUGEMレビュー »)
            天川さく
            なごみカフェ・シリーズ
            第1話 恋と月とペンギンと
            高校生の同級生ピュアラブ短編。弘輝はとても優しいけど、彼の視線はいつも。地震や火山噴火が相次ぐ中で、紗江の恋の行方は?
            RECOMMEND
            岩井クンの祥子センセ事件簿 #6
            岩井クンの祥子センセ事件簿 #6 (JUGEMレビュー »)
            天川さく
            #6伝説の勇者 タツキおにいちゃん
            最終話でございます。
            『2月問題』に直面した岩井クン。彼は無事だったのか? 祥子センセが起こした最大の事件とは?
            この国で生まれ暮らす者はぜったいに避けてとおれない問題。
            あなたは、その日をどう迎えますか?
            RECOMMEND
            岩井クンの祥子センセ事件簿 #5
            岩井クンの祥子センセ事件簿 #5 (JUGEMレビュー »)
            天川さく
            岩井クンの第5巻

            #5大活躍だよ、キッチンカーと勇者よわいモノ説

            10月、祥子センセに出会った岩井クンは2月を迎え、そして──『2月問題』に直面する。彼の、彼らの奮闘をご覧あれ! 日本に住むすべての人に関わる物語です。

            次巻、最終話!!
            RECOMMEND
            岩井クンの祥子センセ事件簿 #4
            岩井クンの祥子センセ事件簿 #4 (JUGEMレビュー »)
            天川さく
            岩井クンの第4巻
            #4キジのかきもちクレープ事件とつなひき大会の謎
            岩井クンのSP・キジ登場! 実は#1からずっと岩井クンの背後で警護していた人物である。2月は目前。どっきどきの1月をご堪能ください。
            RECOMMEND
            岩井クンの祥子センセ事件簿 #3
            岩井クンの祥子センセ事件簿 #3 (JUGEMレビュー »)
            天川さく
            岩井クンの第3巻
            #3バームクーヘン問題と優花ちゃんのクリスマス事件
            12月の物語である。新ヒロインに大学総長が参入し、岩井クンはさらにバタバタに。理系男子はキスごときで動じない。そこにすべき研究があるならば! よろしくお願いします。
            RECOMMEND
            岩井クンの祥子センセ事件簿 #2
            岩井クンの祥子センセ事件簿 #2 (JUGEMレビュー »)
            天川さく
            #2鬼まんじゅうとシュワちゃんの探しモノ。拙作。岩井クンの2巻。祥子センセの研究室で蓄電池作りに励む岩井クン。そこに登場したのは壮年の外国人男性、シュワちゃん。シュワちゃんの目的とは?
            RECOMMEND
            岩井クンの祥子センセ事件簿 #1
            岩井クンの祥子センセ事件簿 #1 (JUGEMレビュー »)
            天川さく
            連作・短編ミステリ。
            超おばあちゃんコの岩井クンは超おじいちゃんコの祥子センセの研究室へ。祥子センセは25歳の美人で天才で……天然な人だった!
            RECOMMEND
            ヴィーナスダンス【電子書籍】[ 天川さく ]
            ヴィーナスダンス【電子書籍】[ 天川さく ] (JUGEMレビュー »)
            長編SFサスペンス。育児放棄にあった8歳の少女と正真正銘の40男の英雄が家族になろうとして、でも世界はそれを阻み──。家族と世界の物語。
            RECOMMEND
            それが、カミサマの付き人。【電子書籍】[ 天川さく ]
            それが、カミサマの付き人。【電子書籍】[ 天川さく ] (JUGEMレビュー »)
            お仕事系短編ミステリ。ハードボイルド風味。狙撃されたり報復をとめたりすすめたり、忙しい彼の生き様なのである。
            RECOMMEND
            オトメな彼のオイル事件
            オトメな彼のオイル事件 (JUGEMレビュー »)
            天川さく
            恋バナ大好き、オトメな青年ツルギ。テロで両親兄弟皆殺しになったけど、こうして元気にやってます★ 『英雄になりすぎて部隊にいられなくなった』第2の男の奮闘記。
            RECOMMEND
            探査少年×ファイア【電子書籍】[ 天川さく ]
            探査少年×ファイア【電子書籍】[ 天川さく ] (JUGEMレビュー »)
            相手にキーワードを与えるスキルを持つ少年・クローバー。心を閉ざした彼が自分を許し前進する、切なく愛しい物語。長編サスペンス。
            RECOMMEND
            ダウジングガール
            ダウジングガール (JUGEMレビュー »)
            天川さく
            猫系女子が大好きな上司のために任務に励み、それを犬系男子が邪魔をして? お仕事系長編サスペンス小説。拙作。
            RECOMMEND
            輪廻するペンギンたち
            輪廻するペンギンたち (JUGEMレビュー »)
            天川さく
            拙作。南極にだけいるペンギン、コウテイペンギンの「ぼく」が主人公の短編SFファンタジー。ぼくの記憶は前のぼくから、そしてつぎのぼくへと受け継がれて。世界を救っているんだという、ぼくの奮闘物語。
            RECOMMEND
            ストームセル・メレンゲ
            ストームセル・メレンゲ (JUGEMレビュー »)
            天川さく
            気流の劇的変化。対応できるのは気流が「見える」青年と記憶を搾取された少年。2人が世界を最悪の事態を回避しようと奮闘する物語。
            RECOMMEND
            カラフルな風
            カラフルな風 (JUGEMレビュー »)
            天川さく
            拙作。長編サスペンス。デジタル小説。風に色がついて見える風香。ある日、風力発電所で爆発事故が発生。それを回避できるのは風香だけ!?
            RECOMMEND
            バイカル湖ロスト【電子書籍】[ 天川さく ]
            バイカル湖ロスト【電子書籍】[ 天川さく ] (JUGEMレビュー »)
            長編サスペンス。
            唄うな!封印された唄姫に連続殺人事件。現場はバイカル湖。そのバイカル湖では藻が異常繁殖。しかも藻だけでなく?
            RECOMMEND
            ペンギン事変
            ペンギン事変 (JUGEMレビュー »)
            天川さく
            長編ライトミステリー。カズが主任となったカフェに通うヒイラギは「ペンギン好き?」とカズにいきなり訊ねられる。直後、舞い込んだ事件はペンギン大量死事件。そして現場は意外な場所だった。ツグミが足をひっぱり、ボブが頭をはたく。それでもヒイラギは己を曲げない。頑固で神経質な上に目の前にある事象すべてを自分の手で救いたいと躍起になる男、ヒイラギ。「カズとヒイラギがタッグを組むと案件が複雑になるんだよ。ふざけんなよっ」。ボブの雄叫びが響く場所はどこだ!
            RECOMMEND
            天川さくの環境ガイド 〜地震・火山から暴走温室効果まで〜他人事じゃない、いま地球で起こっているコト
            天川さくの環境ガイド 〜地震・火山から暴走温室効果まで〜他人事じゃない、いま地球で起こっているコト (JUGEMレビュー »)
            天川さく
            このところ天気がおかしいなと思ったことはありませんか? そんなぼんやりとした不安を少し減らします。天気だけではなく、地震や火山、放射線に海で起きていることまで、たっぷり幅広い環境ガイドブック。数式なし! 屁理屈もなし! 押しつけ意見もなし! 地球で起きているちょっとしたことを短い時間で知ってください。
            RECOMMEND
            みずいろの花びら RWM
            みずいろの花びら RWM (JUGEMレビュー »)
            天川さく
            短編ミステリ。
            兄が死んだのは本当に事故だったのか?他殺?それとも…自殺?共感覚者の音色が挑む、美しく切ない事件。粉雪・スノーを経て、ヤキソバから3年後のモノガタリ。
            RECOMMEND
            粉雪ダウンバースト・総集編 RWM
            粉雪ダウンバースト・総集編 RWM (JUGEMレビュー »)
            天川さく
            長編サスペンス小説。親友・チカの失踪と同時に発生したクレーター・ダウンバースト事件。事件は複雑に絡みつき、さらに過激さを増し世界中に犯行予告声明が出された。──人類滅亡計画を実行する──。それはただの予告ではなかった。事件の真意は別にあり、16年に渡る計画が実行されようとしている。世界中を巻き込んだ事件の中心にいたのは、ひとりの青年だった。分冊版『粉雪ダウンバースト』を大幅修正加筆した総集編。
            RECOMMEND
            スノーボール・キス RWM
            スノーボール・キス RWM (JUGEMレビュー »)
            天川さく
            『粉雪ダウンバースト』事件の続編である。

            長編サスペンス恋愛小説。「70億死ぬか、1億死ぬかって話ですよ」。キスによる情報収集スキルを持つキリンがたどり着いた先は地球滅亡!
            RECOMMEND
            マッドサイエンティストの恋人
            マッドサイエンティストの恋人 (JUGEMレビュー »)
            天川さく
            長編サスペンス。誰もが認めるマッドサイエンティストのフォックスは17歳からRWMの技術開発部の部長を務めている。そんなRWMに例によって任務が舞い込む。そのアイテムを超絶技巧で作成する中、恋人の碓氷に異変が。原因は17年前のあの事件!?フォックスの取った想像の斜め上をいく行動とは?
            RECOMMEND
            終焉のソースヤキソバ
            終焉のソースヤキソバ (JUGEMレビュー »)
            天川 さく
            長編ライトミステリ。文庫本。
            音に色がついて見える音色。研修先にやってきたのはヤキソバが名物の街で。先輩マッドに振り回されて音色は任務を遂行できるか。
            無料ブログ作成サービス JUGEM

            (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.