ブログパーツUL5
リンゴと干しブドウのクランブル【ごはん】
0

    今週のパティシエは

    「干しブドウを使ったお菓子を作ろうと

    思うんだけど、なにがいい?」

    「え? うーん。あれかこれかそれか」

    3時間後。

    「リンゴと干しブドウのクランブルつくった」

    「リクエストとぜんぜん違う!」

     

    それがこちらである。

     

    手作りラムレーズンにたっぷりシナモン

    そこにリンゴ煮が入って

    ほろほろとしたクランブルがおおっている。

    わたくしの大好きがぎゅっとはいったスイーツ。

     

    「おおお。冬ってかんじがする」

    「うん。冬だね」

    「まだ雪は降らないけどね」

    「そだね。今年は雪が遅いね」

     

    そう、ここサッポロ、

    11月17日現在、まだ初雪ならず。

    ただの暖冬ならまだいいが、

    おそらくシーズン通じての降雪量は変わらず、

    ということはこれからドカ雪が来ることが

    しかも暖冬とかいうと

    おもーいベタ雪になって、最低☆

     

    スイーツはおしゅうございました。

     

    朝井まかて氏の『眩くらら』を読んだ【本のツボ】
    0
      評価:
      朝井 まかて
      新潮社
      ¥ 767
      (2018-09-28)
      コメント:葛飾北斎の娘、お栄の絵師としての生き様を書ききった1冊。解説に今は亡き葉室麟氏であるのも胸に迫る。職業という枠にとらわれず、クリエーターのいきざまはこうである、とすべての登場人物から生の思いが痛いほど伝わってくる。クリエーターのバイブルであろう。

      朝井まかて氏の『眩くらら』を読了。

      江戸時代の時代小説、葛飾北斎の

      娘、お栄が主人公である。

       

      お栄が出てくる作品はほかの作家も

      結構書いている。

      宇江佐真理氏もそうであった。

       

      お栄は「江戸のレンブラント」

      とも称される彼女である。

       

      ちなみに文庫版の表紙がお栄、

      ペンネーム 葛飾応為 

      の作品、

      「吉原格子先之図」

       

      読了後に見ると震える。

       

       

       

      そして、内容を語るより先に叫びたい。

       

      この本は──

       

       

       

      世の中のクリエーターのバイブルだ!

       

      絵師、物書き、創作者

      その生き様をぜんぶ語っている、

      クリエーターの魂の叫びの書である。

       

      クリエーターなら、

      クリエーターを目指すなら

      読むべし。

       

       

       

      絵師というのは、

      本作にあるような生き物である。

      生き物であろうとするものである。

      作品を生み出すために昼夜もがき苦しみ、

      それでも常に作品のことを考えてしまう。

       

      読みつつ、何度我が身と照らし合わせ

      本気泣きしたことか。

      地下鉄で歯を食いしばったことか。

       

      ただの読み手ならば楽しく読めよう。

      だがしかし、

      クリエーターなら冒頭からラストまで

      少しも手ぬかりなく心持ちの描写に

      胸にしみいることであろう。

       

      あなたの心を後押しします。

      クリエーターのみなさん、

      本作を右手にお持ちあれ。

       

       

      岩井クンの最終話#6は今月末に配信開始でございます【つれづれ】
      0

        拙作連作短編ミステリ小説

        『岩井クンの祥子センセ事件簿』

        最終話#6

         

        いつになったら配信されるのだ。

         

        絶体絶命の岩井クン#5

         

        その配信から2か月以上経過で!?

         

        あのまま岩井クンはいったい!?

         

        と、思ってくれているお方が

        それほどいるとは思えないけれど、

        ようやく配信の詳細がわかりました。

         

        早ければ来週、

        再来週からは確かに配信開始との報を受けた。

         

        よかった。

        本当によかった!

         

        ……数年前、EUでテロが過激になったころ、

        ちょうどそのころに拙作

        『粉雪ダウンバースト』が配信されるころで、

        ほかのサイトでは配信されても

        AmazonとかYahoo!とかに配信されなくて、

        大人の事情だろうか、と震撼した。

        (問い合わせなかったので詳細は不明)

         

        なにしろ、あおり文章に

        ばっちりと『テロが』とか『テロリストが』

        と書いておいたし、まあそういう話だったので。

        しかも悪役なのかそうじゃないのか

        わからない役回りのだったので。

         

        岩井クンについては

        北海道の地震直後の最終話。

        ひょっとして、とか。

        でも推奨されるならまだしも規制対象などに

        なろうはずがないというか、

        そこまで世間に残念ながら知られておらぬだろうと

        もんもんとしていた。

        震災と岩井クンの関係については

        ぜひぜひ『岩井クンの〜』全6話を

        ご覧ください。

        ただのラブコメにあらず。

         

        (画像クリックでHP特設サイトへ)

         

        全話配信からのまとめ読み☆彡

        もオススメでございます。

        いろいろな意味合いで

        備えあれば憂いなしでございます。

        よろしくです(゚Д゚)ノ

         

         

        ポッキーの日ですが、アップルカスタードパイをどうぞ【ごはん】
        0

          11月11日ポッキーの日でございます。

          先んじてというのは嘘ですが、

          昨日パティシエがパイを焼いた。

          こちらである。

           

           

          アップルカスタードパイ。

          アップルパイのボトムに

          カスタードスポンジがあり2層に。

          優しくまろやかな味わいで

          風邪ひきのわたくしのこころを

          しっとりと癒してくれたのです。

          うみゃいなあ。

           

          世間もパティシエも

          リンゴシーズン。

          冬を飛び越え

          これから春までずうっとアップルスイーツを

          きっといただけるのでしょう。

          ありがたいことでございます。

          ごちそうさまでした。

           

          季節の変わり目、皆様お身体大丈夫でしょうか、わたくしは──【つれづれ】
          0

            ラノベのタイトル風のタイトルを

            連続してつけるくらい

            風邪がなかなか治らない。

             

            「もうこれ以上お外仕事を休めぬ」

            と出勤すると

            わたくしよりも酷い風邪ひきがごろごろいて

            別の風邪をうつされて症状悪化、

            このサイクルですでに1週間以上が経過。

            なんてことだと、身悶えている。

             

            身体がツライのはもとより、

            椅子にちゃんと座っていられないので

            原稿を入力できないのが一番ツライのだ。

             

            どれだけ辛いかといえば、

            昨晩の浅い眠りに

            現在執筆中の長編キーマンが登場し

            うどんについて講釈を垂れ、

            みんなでうどんを作るほどである。

             

            なぜうどん?

            わたくしにもわからぬ。

            彼しかわからぬが、

            彼は夢の中でひどくご満悦であったので、

            よかったよね、と思いつつ、

            あの構図だと、すると?

            わたくしが主人公の立ち位置だったのか?

            冗談じゃない、となり、

            より一層、さっさと原稿を

            書かねばと焦りが募った次第である。

             

            油断すると森見登美彦氏ワールドになる。

            これまた冗談ではないのである。

             

            こうしてブログを書くのも

            正直きついが、

            もう寝ているのに飽きたので

            ヤケクソなのです。

             

            皆様はご無事でしょうか。

             

            気象については『例年』という言葉は死語である。

            『異常気象』もない。

            これが現実で、どういう冬が来るか不明で、

            とりあえずエルニーニョ現象が発生したらしく、

            不安定な気圧配置に

            ともに少しでも順応できるよう

            生きてまいりましょう★

             

            ぜんぜん、岩井クン、配信されないので、

            優花ちゃんにセリフつけました。

            画像クリックでHP特設サイトにジャンプ

            遊びに来てね。

            またね。

             

             

            CALENDAR
            SMTWTFS
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            252627282930 
            << November 2018 >>
            PR
            ENTRY(latest 5)
            ARCHIVES
            CATEGORY
            COMMENT
            TRACKBACK
            • 伊坂幸太郎氏『アイネクライネナハトムジーク』よんだ【本のツボ】
              粋な提案 (09/23)
            • 米澤穂信氏『折れた竜骨(上・下)』読了 【本のツボ】
              粋な提案 (11/08)
            PROFILE
            天川さくブログランキング
            MOBILE
            qrcode
            LINK
            RECOMMEND
            南極からのしらせ
            南極からのしらせ (JUGEMレビュー »)
            天川 さく
            拙作・長編サスペンス小説。単行本です。エネルギーフォーラム社。◆ペンギンからメールが届いた。太陽の異常活発化のしらせだ。白瀬湊は地球を灼熱地獄から救えるか!?
            RECOMMEND
            岩井クンの祥子センセ事件簿 #5
            岩井クンの祥子センセ事件簿 #5 (JUGEMレビュー »)
            天川さく
            岩井クンの第5巻

            #5大活躍だよ、キッチンカーと勇者よわいモノ説

            10月、祥子センセに出会った岩井クンは2月を迎え、そして──『2月問題』に直面する。彼の、彼らの奮闘をご覧あれ! 日本に住むすべての人に関わる物語です。

            次巻、最終話!!
            RECOMMEND
            岩井クンの祥子センセ事件簿 #4
            岩井クンの祥子センセ事件簿 #4 (JUGEMレビュー »)
            天川さく
            岩井クンの第4巻
            #4キジのかきもちクレープ事件とつなひき大会の謎
            岩井クンのSP・キジ登場! 実は#1からずっと岩井クンの背後で警護していた人物である。2月は目前。どっきどきの1月をご堪能ください。
            RECOMMEND
            岩井クンの祥子センセ事件簿 #3
            岩井クンの祥子センセ事件簿 #3 (JUGEMレビュー »)
            天川さく
            岩井クンの第3巻
            #3バームクーヘン問題と優花ちゃんのクリスマス事件
            12月の物語である。新ヒロインに大学総長が参入し、岩井クンはさらにバタバタに。理系男子はキスごときで動じない。そこにすべき研究があるならば! よろしくお願いします。
            RECOMMEND
            岩井クンの祥子センセ事件簿 #2
            岩井クンの祥子センセ事件簿 #2 (JUGEMレビュー »)
            天川さく
            #2鬼まんじゅうとシュワちゃんの探しモノ。拙作。岩井クンの2巻。祥子センセの研究室で蓄電池作りに励む岩井クン。そこに登場したのは壮年の外国人男性、シュワちゃん。シュワちゃんの目的とは?
            RECOMMEND
            岩井クンの祥子センセ事件簿 #1
            岩井クンの祥子センセ事件簿 #1 (JUGEMレビュー »)
            天川さく
            連作・短編ミステリ。
            超おばあちゃんコの岩井クンは超おじいちゃんコの祥子センセの研究室へ。祥子センセは25歳の美人で天才で……天然な人だった!
            RECOMMEND
            ヴィーナスダンス【電子書籍】[ 天川さく ]
            ヴィーナスダンス【電子書籍】[ 天川さく ] (JUGEMレビュー »)
            長編SFサスペンス。育児放棄にあった8歳の少女と正真正銘の40男の英雄が家族になろうとして、でも世界はそれを阻み──。家族と世界の物語。
            RECOMMEND
            それが、カミサマの付き人。【電子書籍】[ 天川さく ]
            それが、カミサマの付き人。【電子書籍】[ 天川さく ] (JUGEMレビュー »)
            お仕事系短編ミステリ。ハードボイルド風味。狙撃されたり報復をとめたりすすめたり、忙しい彼の生き様なのである。
            RECOMMEND
            オトメな彼のオイル事件
            オトメな彼のオイル事件 (JUGEMレビュー »)
            天川さく
            恋バナ大好き、オトメな青年ツルギ。テロで両親兄弟皆殺しになったけど、こうして元気にやってます★ 『英雄になりすぎて部隊にいられなくなった』第2の男の奮闘記。
            RECOMMEND
            探査少年×ファイア【電子書籍】[ 天川さく ]
            探査少年×ファイア【電子書籍】[ 天川さく ] (JUGEMレビュー »)
            相手にキーワードを与えるスキルを持つ少年・クローバー。心を閉ざした彼が自分を許し前進する、切なく愛しい物語。長編サスペンス。
            RECOMMEND
            ダウジングガール
            ダウジングガール (JUGEMレビュー »)
            天川さく
            猫系女子が大好きな上司のために任務に励み、それを犬系男子が邪魔をして? お仕事系長編サスペンス小説。拙作。
            RECOMMEND
            輪廻するペンギンたち
            輪廻するペンギンたち (JUGEMレビュー »)
            天川さく
            拙作。南極にだけいるペンギン、コウテイペンギンの「ぼく」が主人公の短編SFファンタジー。ぼくの記憶は前のぼくから、そしてつぎのぼくへと受け継がれて。世界を救っているんだという、ぼくの奮闘物語。
            RECOMMEND
            ストームセル・メレンゲ
            ストームセル・メレンゲ (JUGEMレビュー »)
            天川さく
            気流の劇的変化。対応できるのは気流が「見える」青年と記憶を搾取された少年。2人が世界を最悪の事態を回避しようと奮闘する物語。
            RECOMMEND
            カラフルな風
            カラフルな風 (JUGEMレビュー »)
            天川さく
            拙作。長編サスペンス。デジタル小説。風に色がついて見える風香。ある日、風力発電所で爆発事故が発生。それを回避できるのは風香だけ!?
            RECOMMEND
            バイカル湖ロスト【電子書籍】[ 天川さく ]
            バイカル湖ロスト【電子書籍】[ 天川さく ] (JUGEMレビュー »)
            長編サスペンス。
            唄うな!封印された唄姫に連続殺人事件。現場はバイカル湖。そのバイカル湖では藻が異常繁殖。しかも藻だけでなく?
            RECOMMEND
            ペンギン事変
            ペンギン事変 (JUGEMレビュー »)
            天川さく
            長編ライトミステリー。カズが主任となったカフェに通うヒイラギは「ペンギン好き?」とカズにいきなり訊ねられる。直後、舞い込んだ事件はペンギン大量死事件。そして現場は意外な場所だった。ツグミが足をひっぱり、ボブが頭をはたく。それでもヒイラギは己を曲げない。頑固で神経質な上に目の前にある事象すべてを自分の手で救いたいと躍起になる男、ヒイラギ。「カズとヒイラギがタッグを組むと案件が複雑になるんだよ。ふざけんなよっ」。ボブの雄叫びが響く場所はどこだ!
            RECOMMEND
            天川さくの環境ガイド 〜地震・火山から暴走温室効果まで〜他人事じゃない、いま地球で起こっているコト
            天川さくの環境ガイド 〜地震・火山から暴走温室効果まで〜他人事じゃない、いま地球で起こっているコト (JUGEMレビュー »)
            天川さく
            このところ天気がおかしいなと思ったことはありませんか? そんなぼんやりとした不安を少し減らします。天気だけではなく、地震や火山、放射線に海で起きていることまで、たっぷり幅広い環境ガイドブック。数式なし! 屁理屈もなし! 押しつけ意見もなし! 地球で起きているちょっとしたことを短い時間で知ってください。
            RECOMMEND
            みずいろの花びら RWM
            みずいろの花びら RWM (JUGEMレビュー »)
            天川さく
            短編ミステリ。
            兄が死んだのは本当に事故だったのか?他殺?それとも…自殺?共感覚者の音色が挑む、美しく切ない事件。粉雪・スノーを経て、ヤキソバから3年後のモノガタリ。
            RECOMMEND
            粉雪ダウンバースト・総集編 RWM
            粉雪ダウンバースト・総集編 RWM (JUGEMレビュー »)
            天川さく
            長編サスペンス小説。親友・チカの失踪と同時に発生したクレーター・ダウンバースト事件。事件は複雑に絡みつき、さらに過激さを増し世界中に犯行予告声明が出された。──人類滅亡計画を実行する──。それはただの予告ではなかった。事件の真意は別にあり、16年に渡る計画が実行されようとしている。世界中を巻き込んだ事件の中心にいたのは、ひとりの青年だった。分冊版『粉雪ダウンバースト』を大幅修正加筆した総集編。
            RECOMMEND
            スノーボール・キス RWM
            スノーボール・キス RWM (JUGEMレビュー »)
            天川さく
            『粉雪ダウンバースト』事件の続編である。

            長編サスペンス恋愛小説。「70億死ぬか、1億死ぬかって話ですよ」。キスによる情報収集スキルを持つキリンがたどり着いた先は地球滅亡!
            RECOMMEND
            マッドサイエンティストの恋人
            マッドサイエンティストの恋人 (JUGEMレビュー »)
            天川さく
            長編サスペンス。誰もが認めるマッドサイエンティストのフォックスは17歳からRWMの技術開発部の部長を務めている。そんなRWMに例によって任務が舞い込む。そのアイテムを超絶技巧で作成する中、恋人の碓氷に異変が。原因は17年前のあの事件!?フォックスの取った想像の斜め上をいく行動とは?
            RECOMMEND
            終焉のソースヤキソバ
            終焉のソースヤキソバ (JUGEMレビュー »)
            天川 さく
            長編ライトミステリ。文庫本。
            音に色がついて見える音色。研修先にやってきたのはヤキソバが名物の街で。先輩マッドに振り回されて音色は任務を遂行できるか。
            無料ブログ作成サービス JUGEM

            (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.