ブログパーツUL5
夏のサッポロ【つれづれ】
0

    コロナ禍でいろいろな自粛を要請される中、

    世界は夏でございます。

    雨が多い本州と比較されるとアレですが、

    北海道も雨が例年というか

    5年以上前に比べると多くて

    「蝦夷梅雨だべな〜」

    と人々は嘆いている。

     

    けれども、

    動植物にはむしろ好都合らしく、

    花期が体感で2倍長く、

    色鮮やかで、健やかである。

     

    拙宅の小庭でも

    ラベンダーが真っ盛り。

    こちらである。

     

     

    こちらも。

     

    ラベンダーにはクマバチが蜜を吸いに来る。

    羽音が結構な音量。

    スズメバチと異なりよほどのことがないかぎり

    人間にむかってはこない。

    ゆえに、

    「花がつきすぎてたわんじゃうから刈うね」

    とチョキチョキ切っていると、

    「なして? なしておらの飯ばとるん?」

    とブンブンブンブンいわれる。

    「ちょい待っとれ。すぐじゃきに」

    「いや待てぬわー。こちとら仕事じゃにー」

    とまあ、クマバチとの攻防が繰り広げられるのだ。

     

    平和だなあ、としみじみ時間なのである。

     

    世界は静かに動き続ける【つれづれ】
    0

      ここサッポロでも

      そろそろ自粛勤務体系が終わりそう。

      この自粛期間、なんとなくこっそり

      出勤していて、

      でも北大キャンパスは

      例年通り元気いっぱいに草花が芽吹いておりました。

       

      北大の札幌キャンパスは北と南キャンパスがあって、

      (ほかに水産学部の函館キャンパスがある)

      北キャンパスは研究メインエリア。

      そして、何気に歴史的建造物もある。

       

      こちら、札幌農学校第二農場もそうで、

      5月15日の画像なんですが、

      ひと気のない朝のシラカバ並木を歩いていると、

      タンポポ畑が広がっていて。

       

       

      楽園か!!!

      なんなの、このひっそり、かつ確実なエネルギーは。

      あきらかに人間邪魔オーラすら!

      背後の木々ではエゾリスがカサカサ動いているし。

      なんというか、

      お邪魔していてすみませんね、という気持ちになるのだ。

       

      ちなみにこの画像の向かい側が獣医学部。

      ちょいと前に、無料で全話読めると話題になった

      『動物のお医者さん』の舞台となった学び舎である。

      ハムてるや二階堂や菱沼さんや教授がいた

      あの場所である。

       

      その奥では

      まさにコロナウイルスの研究がされている(らしい)。

      わたくしはその脇の建物で

      ぜんぜん違う仕事をしているのだが、

      タンポポ畑と同様に

      浮世離れした仕事であるには違いない。

      おかげさまで、とても楽しいデス。

       

       

       

      月のライトが届いたのだ☆彡【つれづれ】
      0

        月のライトが届いた。

        USBで充電するという、

        手のひらサイズの月。

        3Dプリントされているので

        クレーターがリアル。

        明るさも三段階調節できるという

        優れものである。

        こちらである。

         

        まったくのサプライズで。

        よくわたくしが月を愛していると

        知っていたなと感動。

         

        ありがとうううう。

         

        夏目漱石先生じゃないけれど、

        これって、告白!? と

        思うほどである。

        (「月が、きれいですね」

        I LOVE YOU  )

         

        いろいろあらぶっていた気持ちも

        この月を眺めていたら

        自分でも驚くほど凪いでいくのだ。

         

        月は偉大だなあ。

         

        そして、パソコンとか個人情報を

        なるべく移さないように

        USBケーブルつきのブツの

        写真を撮るの大変だなと、

        実感したのでした。

         

         

         

        北国の春は目まぐるしくて【つれづれ】
        0

          昨日今日でぐんぐん気温があがって、

          あっという間に北国、春になりました。

          それはもう凄まじいスピード。

          夏へとまっしぐらなのだ。

           

          なにしろ、

          ツツジと桜とコブシとレンギョウと

          スイセンやらなにやら、一度にさく。

          チューリップが遅れをとっているくらいで、

          俳句の季語ってなんだろうってなる。

          スイセン、冬の季語ですよねっていうのは、

          道産子には理解できないのだ。

           

          さて、昨日出勤日で

          北大北キャンパスにいったら

          お花畑ができていた!

          こちらである。

           

          雑草ではない。

          なかなかの貴重種で

          この手のマニアがみたらもうね、

          うっきやああってなるハナなのだ。

          (キバナノアマナ)

           

          北海道は冬が長い。

          まあ11月から冬で、3月までだとすると、

          やっと雪がなくなって春になって、

          道民が一年で一番はしゃぐ季節。

          そのなか、コロナ自粛というのは

          本州の人の気持ちの10倍は苦行かと。

          だから、自粛ですいた道路を

          ブルンブルンいわせた車や

          キュインキュインいわせたバイクが走っていても

          しゃあないわな、って気持ちになる。

          そもそもバイク、冬は走れないから。

          せいぜい郵便屋さんと新聞屋さんで、

          暴走できる仕様にないし。

           

          むきになって外出しなくても

          いいっしょ、庭でジンパでもするべか、って

          感じになっております。

          わたくしも塩ジンギスカンをもらったので、

          明日当たり焼く予定。

          羊くさくなっちゃうわ(嬉しい)。

           

          人間の活動が制限されたので

          世界中の空気の汚染が軽減されていて

          水質も向上していて、

          ガンジス河がキレイって話も流れてきて、

          ベネチアでは運河にクラゲが泳いでいるとか。

          いつも人間がお騒がせしていて

          申しわけありませんねえ、って気持ちである。

           

           

           

           

           

          自粛生活でせっせとやっているのは【つれづれ】
          0

            みなさん、お元気ですか〜〜

            わたくしもお外仕事が在宅増えて、

             

             

            いそがしい!

             

            なぜなら、

            「せっかくなら、ガッツリできることをやろ」

            と思い立ち、

            恥ずかしながら理系の癖に

            ずっと苦手意識強い数学の勉強をやり直そうと。

             

            まあ、三日坊主になりそうでもあるし、

            宣言してやらないとカッコ悪いし

            気持ち悪いしと。

            コツコツだまーって進めておりました。

             

            すぐにやりたかったので

            参考書じゃなくてweb教材を利用。

            中学数学から高校数学、大学教養レベルまで

            そろっていて便利。

            合う合わないの前に、まず、やってみるかと。

             

            これがね。

            いい。

            現役挫折系中学生にわかるように用だから、

            めちゃわかりやすい。

            かつ

            量がおおい!

            つまり、終わらぬ。

            10日くらい経過して、

            受験生かってくらい隙あらばやっていて、

            そろそろ中学数学が終わりそう。

             

            なんというか、

            答えがなかなか出ないオトナ世界にいきてきて、

            こんなに答えがはっきりしている数学、

            すばらしいな!

            なぜ、もっと早くやらなかったか、と

            やらなかった自分をとても残念に思っております。

             

            (画像クリックでHPへ)

             

            達成感、ダイジである。

            これからも大切にしていきたいですね。

             

             

            キバナノアマナin北大 群生しているんじゃないのか!?【つれづれ】
            0

              北国にも遅い春がやってきました。

              コロナの影響もあるなか、

              北大の北キャンパスに通勤していて発見。

               

              これって、

              よくみるとそこかしこにあるけどさ。

              ひょっとして

              キバナノアマナなんじゃ?

               

              そう思って待つこと数日。

               

              咲いたぜ!

               

              ちらほらなのでわかりにくいのですが、

              そりゃあもう、一面アマナだらけ!!

               

              さらには紫色とかの花もある。

              こちらは エゾエンゴサク にまちがいない!

              だがしかし。

              わたくしのスマホレンズの限界があって、

              撮影失敗。

               

              かつて電子研勤務だったときに見て

              テンションあがった。

              実は北キャンパスはそこかしこで咲いているっぽくて。

               

              来週から基本テレワークになるので

              経過を確認できにくくなりますが、

              彼らの元気いっぱいな咲きっぷりを

              お知らせできたらいいなあ。

               

              それでは、よいおウチライフを☆彡

               

               

              渋めの手作りマスクを作ってみてですね【つれづれ】
              0

                ここサッポロでも

                マスク入手できない日々が久しく。

                さすがにそろそろヤバい気がしてきて。

                世の中のシニアたちと

                ひともんちゃくやりながら

                マスクの行列に並ぶのもなんだということで

                 

                マスクを作った。

                 

                コツコツと材料は仕入れておいた。

                入学入園シーズン前の

                マスク手作りもりあがりから

                やや遅れをとったからか、

                 

                手芸屋さんでガーゼハンカチが売っていた!

                さらには、マスクゴム! も!

                昨日までヘアゴムも売り切れだったのに。

                これはもう、

                噂に聞く、タイツをカットして

                ゴムに代用するかと思っていたのだが。

                ありがたいことである。

                 

                で、せっせと作った。

                こちらである。

                 

                 

                どうじゃろ? 渋いじゃろ?

                生地屋さんで、

                なんというかもっと北欧チックなものを

                探したのだが前述したとおり

                入学入園シーズンだからか

                めちゃキッズ系のしかなくてですね、

                そのなかでこの渋め生地を選べた自分を

                もうね、褒めてあげたいくらいだった。

                 

                この4点と、実は先週2点作ったので、

                まあそうね、あべさんがくれるマスクが

                ひょっとして届かなくても、

                なんとかしのげそう。

                 

                不安は漠然としていて。

                だからこそ気持ちをふさぐので。

                その漠然としたものを

                ひとつひとつ解消すれば、

                爽やかな風が胸に吹くのです。

                ……わあ、詩人だなあ、自分。

                 

                というわけで、

                手作りマスクつくりの週末でございました★

                 

                 

                 

                本の仕入れから精神状態をかんがみるに【つれづれ】
                0

                  書籍未読本が心細くなったので

                  仕入れてまいりました。

                  こちらである。

                   

                  新刊じゃないのもあるけど

                  まあいいや、とレジへ。

                   

                  帰宅して改めてラインナップをみて

                  ハッとした。

                   

                  これは本当に──ピュアラブ切ない恋書いてるヤツの

                  セレクトであろうか!?

                  ちがうだろーーーーー。

                  でも、でもおおおお。

                  ……それ系はどうしても手に取れなかった。

                  気恥ずかしくて。

                  そう解析して、さらにハッと。

                   

                  わたくし、

                  どんだけ無理してピュアラブ書いているのか。

                  そういえば、

                  現在書いているのだって

                  油断すると恋愛ものというより

                  恋愛解析ものになっていて、

                  ちがーうとなって、書き直して。

                  そのため、通常の4倍の時間がかかっている。

                  あれこれ考えつつ書けるようになったのかな、

                  なんて思っていたけれど、

                  どうやらこれまた違うようである。

                   

                  まずいな。

                  ここらでラブメインものから一度引く時かもしれぬ。

                  流行や世論など、

                  もともとたいして売れていないので気にしていないし

                  (おい)

                  一番大事なのはわたくしの心。

                  そういえば2年近くサスペンスを書いてないし!!

                   

                  まずは6巻目の話を書き終えて、

                  それからの話ではあるけれど。

                   

                  さて。

                  どうしたものかな。

                   

                   

                   

                   

                  推しを布教されすぎると、どうしても拒絶反応がでるわけで【つれづれ】
                  0

                    2月1日に久々に来日アーティストのライブに。

                    (ココまで書くと特定できるだろうが、まあいい)

                    家族が熱狂的ファンのグループである。

                    わたくしは

                    「いい」とか「悪い」とか判断する前に

                    「めちゃいい! 最高!」と騒がれてうざすぎて、

                    彼らには悪いがまったく興味を失って。

                     

                    それでも家族の推しは推しなので否定せず

                    あたたかく見守っておりました。

                     

                    昨年の夏に彼らの来日を知ったときも、

                    良かれと思って家族に伝えたのであるが。

                     

                    「やった〜〜。チケットとれた〜〜」

                    「それはよござんした」

                    「高かった〜。2万以上した」

                    「はあ? それ大丈夫なの!?」

                    「2枚買ったからね。日にちあけておいて」

                     

                    ちょっとまて。

                    わたくしといくだと?

                    興味ゼロのわたくしと?

                    しかも高額チケットで?

                     

                    なんとかして断れぬものか。

                    悶々と半年がすぎ。

                    当日になってしもうた。

                     

                    しかも日にちが迫ると

                    「予習はしたか」としつこく迫られ。

                     

                    なんというか

                    意地でも予習はいたしませんでした。

                    むしろラジオとかで

                    彼らの楽曲が流れて、そのたびに

                    「これこれっ。らららら〜」

                    と歌いだす家族にウンザリなんだよ。

                     

                    当日はね。当たり前だが熱狂的ファンばかり。

                    なんとか適当なことをいって

                    断ろうとして断念したわたくし。

                    それでも楽しもうと努力はした。

                    まったくわからない楽曲に手拍子もやった。

                    けど。……けどっ。

                    ステージから下りて近づく彼らに

                    どんびいてしまった。

                     

                    ごめんね!!!

                    ファンと替わってあげたい!!!

                    わたしだって苦行だし!!!

                    わあああああ!!!!

                     

                    教訓。

                    推し布教するヤツに推しの情報を伝えてはならない。

                     

                    次作短編の主人公ラフ☆彡

                    完成イラストは本編の扉絵につきます。

                    買ってねん。

                    (画像クリックでHPへ)

                     

                    2020年あけましておめでとうございます★【つれづれ】
                    0

                      2020年明けましておめでとうございます。

                      本年もよろしく

                      お願い申し上げます

                       

                      (画像クリックでHPへ)

                       

                       

                      上記イラストは

                      次作の短編コラボ掌編ヒロインでございます。

                      年末からずっと

                      ああでもない、こうでもないと

                      描き続けておりました。

                      (書けよ)

                       

                      タイトルは未定なので入っておりませんが

                      コピーのような内容でございます。

                       

                      そうね。

                      なごみカフェシリーズ第6話の一連となります。

                       

                      筆が乗って書ききったら無料サイトへアップの予定。

                       

                      どうぞ本年もよろしくお願いいたします☆彡

                       

                       

                       

                      CALENDAR
                      SMTWTFS
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << August 2020 >>
                      PR
                      ENTRY(latest 5)
                      ARCHIVES
                      CATEGORY
                      COMMENT
                      TRACKBACK
                      • 伊坂幸太郎氏『アイネクライネナハトムジーク』よんだ【本のツボ】
                        粋な提案 (09/23)
                      • 米澤穂信氏『折れた竜骨(上・下)』読了 【本のツボ】
                        粋な提案 (11/08)
                      PROFILE
                      天川さくブログランキング
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINK
                      RECOMMEND
                      南極からのしらせ
                      南極からのしらせ (JUGEMレビュー »)
                      天川 さく
                      拙作・長編サスペンス小説。単行本です。エネルギーフォーラム社。◆ペンギンからメールが届いた。太陽の異常活発化のしらせだ。白瀬湊は地球を灼熱地獄から救えるか!?
                      RECOMMEND
                      ホットワインと言い訳と なごみカフェ (AINE)
                      ホットワインと言い訳と なごみカフェ (AINE) (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      短編ピュアラブ、ちょびっとミステリ
                      がんばって、がんばって
                      その先は?
                      恋だって──
                      なごみカフェシリーズ第5話
                      たっぷり試し読みで配信中
                      RECOMMEND
                      はちみつレモンと肉じゃがと なごみカフェ (AINE)
                      はちみつレモンと肉じゃがと なごみカフェ (AINE) (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      短編ピュアラブ、ちょこっとミステリー
                      いつもそばにいてくれるから
                      だからきっと──ごめん。油断してた
                      『はちみつレモンと肉じゃがと』

                      なごみカフェ・シリーズ第4話

                      たっぷり試し読みで配信中
                      RECOMMEND
                      ウインナーコーヒーと彼の手と なごみカフェ (AINE)
                      ウインナーコーヒーと彼の手と なごみカフェ (AINE) (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      なごみカフェ・シリーズ
                      第3話 ウインナーコーヒーと彼の手と
                      大好きな彼の様子がおかしくて。
                      彼にはどうしても幸せになって欲しいから。
                      だからわたしは。
                      短編ピュアラブ、ちょこっとミステリー
                      RECOMMEND
                      ピリカラーな彼女とバナナジュースと なごみカフェ (AINE)
                      ピリカラーな彼女とバナナジュースと なごみカフェ (AINE) (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      なごみカフェ・シリーズ
                      第2話 ピリカラーな彼女とバナナジュースと
                      「わたしのこと、嫌いになった?」彼女はことあるごとに、そうぼくにたずねる。冬の北海道で繰り広げる理系カップルの頭脳戦ラブ。
                      恋って、好きだけじゃ、続けられない──。
                      RECOMMEND
                      恋と月とペンギンと なごみカフェ (AINE)
                      恋と月とペンギンと なごみカフェ (AINE) (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      なごみカフェ・シリーズ
                      第1話 恋と月とペンギンと
                      高校生の同級生ピュアラブ短編。弘輝はとても優しいけど、彼の視線はいつも。地震や火山噴火が相次ぐ中で、紗江の恋の行方は?
                      RECOMMEND
                      岩井クンの祥子センセ事件簿 #6
                      岩井クンの祥子センセ事件簿 #6 (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      #6伝説の勇者 タツキおにいちゃん
                      最終話でございます。
                      『2月問題』に直面した岩井クン。彼は無事だったのか? 祥子センセが起こした最大の事件とは?
                      この国で生まれ暮らす者はぜったいに避けてとおれない問題。
                      あなたは、その日をどう迎えますか?
                      RECOMMEND
                      岩井クンの祥子センセ事件簿 #5
                      岩井クンの祥子センセ事件簿 #5 (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      岩井クンの第5巻

                      #5大活躍だよ、キッチンカーと勇者よわいモノ説

                      10月、祥子センセに出会った岩井クンは2月を迎え、そして──『2月問題』に直面する。彼の、彼らの奮闘をご覧あれ! 日本に住むすべての人に関わる物語です。

                      次巻、最終話!!
                      RECOMMEND
                      ヴィーナスダンス【電子書籍】[ 天川さく ]
                      ヴィーナスダンス【電子書籍】[ 天川さく ] (JUGEMレビュー »)
                      長編SFサスペンス。育児放棄にあった8歳の少女と正真正銘の40男の英雄が家族になろうとして、でも世界はそれを阻み──。家族と世界の物語。
                      RECOMMEND
                      オトメな彼のオイル事件
                      オトメな彼のオイル事件 (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      恋バナ大好き、オトメな青年ツルギ。テロで両親兄弟皆殺しになったけど、こうして元気にやってます★ 『英雄になりすぎて部隊にいられなくなった』第2の男の奮闘記。
                      RECOMMEND
                      ダウジングガール
                      ダウジングガール (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      猫系女子が大好きな上司のために任務に励み、それを犬系男子が邪魔をして? お仕事系長編サスペンス小説。拙作。
                      RECOMMEND
                      輪廻するペンギンたち
                      輪廻するペンギンたち (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      拙作。南極にだけいるペンギン、コウテイペンギンの「ぼく」が主人公の短編SFファンタジー。ぼくの記憶は前のぼくから、そしてつぎのぼくへと受け継がれて。世界を救っているんだという、ぼくの奮闘物語。
                      RECOMMEND
                      カラフルな風
                      カラフルな風 (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      拙作。長編サスペンス。デジタル小説。風に色がついて見える風香。ある日、風力発電所で爆発事故が発生。それを回避できるのは風香だけ!?
                      RECOMMEND
                      ペンギン事変
                      ペンギン事変 (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      長編ライトミステリー。カズが主任となったカフェに通うヒイラギは「ペンギン好き?」とカズにいきなり訊ねられる。直後、舞い込んだ事件はペンギン大量死事件。そして現場は意外な場所だった。ツグミが足をひっぱり、ボブが頭をはたく。それでもヒイラギは己を曲げない。頑固で神経質な上に目の前にある事象すべてを自分の手で救いたいと躍起になる男、ヒイラギ。「カズとヒイラギがタッグを組むと案件が複雑になるんだよ。ふざけんなよっ」。ボブの雄叫びが響く場所はどこだ!
                      RECOMMEND
                      みずいろの花びら RWM
                      みずいろの花びら RWM (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      短編ミステリ。
                      兄が死んだのは本当に事故だったのか?他殺?それとも…自殺?共感覚者の音色が挑む、美しく切ない事件。粉雪・スノーを経て、ヤキソバから3年後のモノガタリ。
                      RECOMMEND
                      終焉のソースヤキソバ
                      終焉のソースヤキソバ (JUGEMレビュー »)
                      天川 さく
                      長編ライトミステリ。文庫本。
                      音に色がついて見える音色。研修先にやってきたのはヤキソバが名物の街で。先輩マッドに振り回されて音色は任務を遂行できるか。
                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      (C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.