ブログパーツUL5
自動読み上げ機能ソフトを使って推敲の仕上げをしてみたら【小説】
0

    長編原稿の仕上げをしていた。

    推敲である。

    11万文字ちょいの作品で、

    黙読と印刷で、自力で4回は推敲完了。

    それでも誤字脱字があるのは常なので、

    今回は自動読み上げ機能ソフトを。

     

    ……かつて自力で音読していて

    喉はかすれるは、意識は薄れるは、

    そして作品にのめりこみすぎて

    その原稿をみるだけで吐き気がするという

    作家として致命的な症状が出たため

    自粛していた工程である。

     

    自分ではなくAIに読み上げてもらえれば

    前述の症状は出ないだろうと

    いざトライ!!

     

    なにぶん11万文字である。

    そしてさんざん文章の流れは見てきたので

    通常速度ではなく6倍速、

    ぎりぎり聞き取れるかどうかのレベルで開始

     

    入手したソフトはフリーソフトで

    テキストデータを読み上げるタイプ。

    それも最大3センテンスくらいが読み込み限界。

    それ以上を読み込ませようとするとフリーズ

    もしくは文字化けするというソフトであった。

     

    「まあ、わたくしも休憩が必要であろうしな」

    ということでボチボチやってみた。

     

    入力作業にのべ1時間

    (途中でフリーズしたりしたから)

    読み上げに6時間くらいであろうか。

     

    誤字はね〜

    あったね〜

    こんなにかっ、というくらいあったね〜

    読み上げてくれてありがとう、AI。

     

    さすがにAIであろうとも、

    最後の一文を読み上げてくれたときには感無量。

     

    「(了)」

     

    と読み上げてくれたときには

     

    「ありがとう! おつかれ!」

     

    叫ばずにおれなんだ。

     

    機械でも大変そうな作業なのに、

    いままで人力でやっていたとは。

    自分、そら無茶だぜ。

     

    6倍速で読み上げてもらえば

    恥ずかしくないしね!

     

    というわけで、その辺に落ちているフリーソフトでも

    十分に大活躍してくれたのだ。

     

    大きく見て単行本1冊程度の原稿を

    10時間あればチェックできる。

     

    この手間はお勧めです。

    次も使おう★

     

    (画像クリックでHPへジャンプ)

     

    新作長編のイメージイラストをどうぞ☆彡【小説】
    0

      現在、鋭意長編原稿の書き直し中、

      というかハードな推敲中。

      さらにその佳境に入り、

      作中ディープキャラに気持ちが高まり、

      ぐああああ、と叫び出したくなって

      正気を保つため、

      メインキャラのイメージイラストを描いた。

       

      ここに晒してあったのを完成? させたので

      見て欲しいのだ!

      こちらである。

       

      左から

      岩ポン、

      木橋、

      長万部(おしゃまんべ)元気、

      朋子センセ、である。

       

      名前を列挙しても意味不明なのは重々承知。

      それを押して彼らを紹介させてくれ。

      主人公は朋子センセなのだが、

      岩ポンが、岩ポンで岩ポンなのだ!

       

      コピーにあるように

      (タイトルではない)

      ペンギンがわんさか出てくる物語である。

      サッポロが舞台の現代劇である。

       

      ともかくちゃんと公表できるようになったら、

      どうぞよろしくお願い致します。

       

      長編小説における初稿からの推敲の、ガチなパターンについての考察とかなんとか【小説】
      0

        ブログでもHPでも

        小説について更新情報を

        なかなか記載することができない。

        なぜならば、

        現在必死で書き書きしている最中で

        発表できることが何もない。

        すると、

        あたかも何も活動していないかのようで、

        せいぜいtweetで

        「本日もコツコツ原稿」

        とかつぶやく程度なのである。

         

        ほんとに書いてるの〜?

        書いてる気になってるだけじゃ〜?

         

        とか思われても疑いを晴らす手段がない。

        疑っていただけるだけ

        十分でもあるのだが。

         

        何ならネタバレにならずに

        そこそこの宣伝効果もあって

        活動報告になるのであろうか。

        やはりイラストか?

        さすがに動画を作っている時間はないしな。

        というわけで、

         

        先日のイラスト線画に色を塗っている最中。

        途中経過がこちら。

         

        (画像クリックでHPへジャンプ★)

        このあと、アレしてコレしてと

        構想はできているものの、

        作業をすすめる時間を確保できず。

         

        さて、本業の原稿である。

        現在、長編作品の初稿から

        推敲をしている最中。

        どういうスイッチが入ったのか、

        推敲というか、全部書き直しているので、

        入力作業だけでやたらと時間がかかる。

        むっきぃいい〜〜〜、である。

         

        途中でなんども

        「ここまでやることないよな」

        「やめちゃうかな」

        とか思ったけれど、

        これまたなんども

        「ぐぬう、書き直し前原稿と

        書き直し後原稿を見比べると」

        「あきらかに書き直し後がよい!」

        「そこそこの変化だったらやらなくていいけど」

        「めちゃ違うからね! やらなくちゃね!」

        と泣く泣くやっている次第で。

         

        よくなるためである。

        やるのである。

        やるぞ!

         

        メリットもある。

        入力とかでやたら時間がかかる分、

        後半部分がブランク状態となり、

        「ここはこうしたらいいんじゃね?」

        と冷えた頭になって思いつく。

        さらりと推敲していては思いつけない事項である。

         

        もっとも、最大の難関、

        どこに発表するか、がある。

        今月末に締め切りがあるweb公募に

        参加しようかなとも思っていたけれど、

        とてもエントリーに間に合いそうにないし。

        (初稿レベルで出すくらいなら出したくない)

         

        どこに転がっているのかわからないのが縁。

        どこかにつながっていると、いいな!

        (ご興味をいただけたらご連絡ください!)

         

         

         

         

        原稿がどんどんリンクしてきて、ぽぽぽん【小説】
        0

          新作長編ラブコメミステリを執筆中です。

          完全現代モノで、

          北海道の大学と名古屋の大学が

          からんでくる物語。

           

          超個性豊かなキャラ達が

          きゃっほい、ぽぽぽんと

          大活躍してくれる話で、

          日々、彼らに振り回されつつ

          推敲しているわけですが。

           

          リアルに知人が名古屋の大学に着任。

          「あらいやだ。シャレにならなくなっちゃう」

           

          しかもクライマックスの事件に関与していたという。

          「あらいやだ。ぜったい知られたくないし」

          ↑駄目だししてくるから☆

           

          地質学の研究室で繰り広げる

          ドタバタコメディで

          もちろん、いろいろ仕掛けがあるので

          お楽しみにしていただけると

          嬉しいです。

           

          どこで発表するか悩み中で

          どうしたものか、と思っているあいだにも

          舞台とか名前とか小ネタ各種が

          リアルにからみだしてきて。

          こころ穏やかでいられないので、

          メインキャラのイラスト作成中。

           

          (画像クリックでHPへジャンプ)

           

          本日はこんなとこ。

          線画くらいまで。

          わたくし必須アイテム

          おじさんキャラ『岩ポン』が

          イメージ通りに描けつつあってニヤリなのです。

          キャラ紹介くらい、いいだろう。

          してどうするというのもあるけど。

          左から

          『岩ポン』『元気さん』『木橋くん』『朋子センセ』

          よろしくね!

           

          岩井クンと祥子センセと『Lemon』【小説】
          0

            拙作『岩井クンの祥子センセ事件簿』の件である。

            岩井クンは愛すべきおばあちゃんを、

            祥子センセはおじいちゃんを、

            それぞれ亡くしている。

            二人とも幼少期に両親を亡くし、

            祖母、祖父に育てられた。

            どれだけの喪失感、

            そしてどれだけ祖母、祖父を頼りにしていたか。

            人格の軸に祖母、祖父がいたか、

            容易に想像していただけることかと。

             

            岩井クンは悲しみのあまり進路を変更し、

            肉体労働で学費と生活費をためて

            3年遅れで大学に入学しちゃうほど。

            祥子センセは悲しみのあまり、

            不眠不休で3万個の蓄電池を作りあげたほど。

             

            からの2月問題に向けて二人は奮闘する。

             

            その奮闘ぶりを

            米津さんの『Lemon』

            をBGMに歯を食いしばって書いていた。

            とくにクライマックスの2月問題発生#5では

            ヘビロテどころではない。

            こころの支えであった。

             

            ドラマは見ていなかったので、

            純粋に楽曲を支えに、というのは

            この半年でブログにも書いてきた。

            喪失のラブソング、とのことで、

            祖父母にささげる二人の生き様とは

            ちょっと違うけど、気にすまいとおもっていた、

            のであるが、

             

            明日の紅白で米津さんが出演する。

            亡きおじいちゃん、がキーマンである。

             

            なんてこった。

            これじゃあまるで、

            そのまんま、最初から最後まで

            おじいちゃん、おばあちゃん、

            自分が思っていた以上に大好きだった二人に、

            胸を張れるようがんばった

            岩井クンと祥子センセの気持ちと

            ぴったり合うじゃないか。

            今でも、あなたは、わたしの光、

            そう歯を食いしばって二人は頑張って

            2月問題を乗り越える。

             

            岩井クンたちのキーワードは

            南海トラフ

            ひやりとしたお方、あたりです。

             

            泣いたり悔んだりするのはいつでもできる。

            どれだけ顔を上げて、できることをやり遂げるか。

            岩井クンの活動を

            ぜひ、ご覧いただきたい。

             

            『岩井クンの祥子センセ事件簿』

            (いるかネットブックス)全6話

            ほとんどのデジタル書店で配信中です。

             

            (画像クリックで特設サイトにジャンプ)

             

             

            2018年は岩井クンとヴィーナスダンス!【小説】
            0

              いよいよ2018年も押し詰まり。

              ふり返ると、

              2月に『ヴィーナスダンス』の配信、

              3月から連続毎月配信、にはならなかったけれど

              6話連続配信した

              『岩井クンの祥子センセ事件簿』の年となりました。

               

              『ヴィーナスダンス』は

              公開こそしていなかったものの、

              4年以上かけてバージョン4くらい作成してからの

              今回の配信。

               

              感無量ではありますが、

              わたくしとしては目新しさはさほどで。

               

              対して岩井クンは

               

              完璧新作。

              しかも連続短編。

              しかもわたしにしてはラストを一度も

              ラフでも書ききっていないままで、

              1話配信となった作品。

               

              そりゃあもうハラハラどきどきで。

              怖すぎてプロット箱書きががっつりになった。

              1話毎楽しんで書くつもりが

              そんな余裕はまったくなかった。

              もう必死でございましたよ。

               

              つまり、この1年、

              岩井クンたちのことを

              寝ても覚めてもずうっと考えていました。

              比喩ではなく、

              夢の中でモモちゃんが岩井クンを

              追いかけているのをみたほどである。

               

              PVも自作したのだ!

               

              現在、別作品を書いていて、

              これまた完璧新作なので

              気持ちはすでにそこにあるけど、

              それでも今でも岩井クンを思うと胸アツなのです。

               

              岩井クン、よろしくね☆

               

              *岩井クンの祥子センセ事件簿*

              北海道の工学部3年の岩井クン、

              祥子センセに巻き込まれ、

              蓄電池を3万個も作るハメに!

              2月問題ってナニ?

              北海道ごはん、愛知ごはん、大学ごはん、たっぷり。

              ラブコメ、からの──絶体絶命!

              岩井クン、だけじゃない!

              そこのあなた、あなたもですよっ!

              連作短編ミステリ。全6話。

               

              ぼくにはまだ──できることがある。

               

               

              いるかネットブックスから

              ほとんどのデジタル書店にて配信中です。

               

              (画像クリックで特設サイトにジャンプ)

               

              ぼくにはまだ──できることがある。

               

              yahoo!ブックストア

              電子書店パピレス

              amazon

              紀伊國屋書店

              auブックパス

              ebooks

              オムニ7

              どこでも読書 ほか

               

              新しい作品の書き方はこちら【小説】
              0

                岩井クンが完結して

                新作長編を書いている。

                 

                わたくしの原稿スタイルとしては

                ―颪たいコトをちっちゃい紙にメモる

                (100枚くらい)

                ▲董璽泙箸キャッチコピーを決めて軸を作る

                ざっくりとした流れを決める

                ぅ薀佞蔑れのプロットを作る

                ニ粗と終わりの仮文章を決める

                 

                ひとによっては以上でプロット終わりで

                原稿執筆に入るであろう。

                 

                ヘタレなわたくしはここからが長い。

                Εャラの履歴書をがっつり作る

                舞台となる街のイベント調査

                ┐もな舞台となる建物の平面図をつくる

                 

                さすがに┐魯薀佞任垢、

                密室みたいに、ほぼ一カ所での話の場合、

                CADで作ったみたいな平面図を作成することも。

                やりすぎです。

                このあたりから

                「自分、変態だな」と自覚。

                 

                その後、モチベアップのために、

                作品イメージイラストを作成

                物書きとしてまーーったく必要ない工程です。

                 

                を絵葉書サイズに印刷して作業台前に張り付けて

                さあ

                 

                箱書きである。

                 

                「箱書き? 何それ」となったかた、

                これはプロットをより詳細に

                物語時間軸にイベントを加えていく設計図なのだ。

                わたくしはこれをエクセルで作成。

                 

                たぶん、この段階で

                多くの方に「こいつは……」と引かれているじゃろ。

                じゃがしかし。

                わたくしの作品のほとんどが

                ミステリとかサスペンスだから

                ここまでしないと自分混乱なのである。

                ここまでどころかもっとある。

                何しろこのエクセルする段階で

                章タイトルを決めている必要があり、

                あれもあり、これもあり。

                 

                長くなってしもうた。

                気が向いたら続くのだ。

                 

                気分転換に音色を置いておきましょう。

                画像クリックで創作用HPへジャンプ★

                 

                さあ、楽しい執筆ライフを☆彡

                 

                 

                 

                冬のにおいがする物語はこちら★【小説】
                0

                  冬のにおいどころか、

                  拙作のほとんどは冬が舞台。

                  それも雪国の。

                   

                  雪が好きで、サッポロで暮らしている。

                  だから本日絶賛雪かき由来の筋肉痛も

                  くるしいけれどガマンできるのである。

                   

                  さて冬のにおい、雪の気配がする物語のご紹介。

                   

                  『粉雪ダウンバースト』

                  (総集編2016年作品)

                  *あらすじ*

                  北海道の雪の街を舞台に、

                  大学生の青年・アオイをめぐって起きた

                  クレーターダウンバースト事件の物語。

                  テロリスト集団ドーンコーラスから

                  人類滅亡作戦

                  の声明が全世界に広まった頃。

                  彼の親友チカが失踪。

                  チカにまつわる脅迫メールが

                  ドーンコーラス首謀者クモハラから

                  アオイのもとに届く。

                  クモハラの真意は何か。

                  アオイとクモハラの繋がりは?

                  16年におよぶクモハラの切ない思い、

                  彼は本当に世界を浄化しようとしているのか。

                  長編サスペンス小説。

                   

                  (画像クリックでHPサイトへ)

                   

                  HPでは無料の掌編

                  『雪かき奉行』もあります。

                  そのほかジャンル冬としては

                  長編の『ペンギン事変』

                  TL『とろけるスープのメソッド』(未試し読み)

                  まあ『岩井クン〜』全6話もほぼ冬のサッポロが舞台。

                  いろいろお選びいただけるので、

                  創作用HP「Novelsてがわさく」

                  を覗いていただけたら☆

                  パソコン版はタテ書きで、スマホは横書きで

                  試し読みをお読みいただけます。

                  よろしくデス('ω')

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  まだいいかとうっかりすると5日経過するブログの恐ろしさ、からのクリスマス物語のご紹介【小説】
                  0

                    ブログとは日記の意味もあり、

                    気ぜわしいときは無理を押してまで更新は。

                    などと思っていたら、

                    あっという間に5日が経過しそうに。

                     

                    油断大敵。

                    失礼しました。

                     

                    さらには世の中はクリスマスシーズン。

                    朝からFMラジオ(FM North Waveを毎日拝聴)

                    から朝からクリスマスソング流れまくっていますね。

                    おにぎりactionをやっていたのが

                    昨日みたいなのに。

                     

                    そこで拙作から

                    クリスマス物語をご紹介。

                     

                    岩井クンたちだと

                     

                    『#3

                    バームクーヘン問題と優花ちゃんのクリスマス事件』

                     

                    あたりです。

                    理系大学3年生がわいわい学内で

                    クリスマスをして事件になるという物語。

                    こちら

                    どこでも読書 ほか ほとんどのデジタル書店

                     

                    ほかに

                     

                    『ひいらぎ飾ろう』kindle ほかにて

                     

                    がございます。

                    *あらすじ*

                    ほんのり切ないコミカルラブストーリー。
                     触れた相手の不幸な記憶を吸い取る──

                    留依のその力をまさか迷惑がる人間がいるとは。

                    吸い取られた記憶を取り戻そうと

                    懸命な青年・柊に留依は次第に心傾くも、

                    柊の気持ちはその『不幸な記憶』の中の人たちにだけ。

                    「わたしは彼が自死しないよう見張っているんですよ」

                    夜な夜な留依のもとに現れる男はそう笑う。
                     柊さんが記憶を取り戻したとき、

                    あたしはどうしたらいいんだろう。

                    (2013年作品)

                     

                    (画像クリックで試し読みHPサイト)

                     

                    などなどがございます☆

                    どうぞ、よしなに。

                    そうか。ひいらぎ書いたのは5年前なのか。しみじみ。

                    彼らのその後は

                    『ペンギン事変』にあります。

                    どうぞ、よしなに。よしなに。

                     

                     

                    岩井クンダイジェスト版、全六話分!【小説】
                    0

                      岩井クンの祥子センセ事件簿

                      どんなオハナシなのか。

                       

                      あれこれ語るよりまず、

                      全六話のダイジェストを終結!

                      こちらでござる。

                       

                      #1

                      【おばあちゃんの菜めしおにぎり VS

                      おじいちゃんのカボチャ大福】

                      連作短編ミステリ。
                      美人・天才・天然。

                      三種の神器を兼ね備えた

                      祥子センセ(准教授)は25歳!? 

                      ぼ、ぼくよりひとつ年上なだけ!?
                      うっかり祥子センセの研究室へ入って

                      始まる岩井クンの受難の日々。
                      三種の神器をフル稼働させ、

                      祥子センセは突っ走る。

                      岩井クンの武器は──おばあちゃんのおにぎり?
                      超おばあちゃん子VS超おじいちゃん子

                      の幕は開いた。

                      がんばれ、岩井クン!

                       

                       

                      #2

                      【鬼まんじゅうとシュワちゃんの探しモノ】
                      連作短編ミステリ。

                      研究室へ突如あらわれた

                      外国人壮年男性、シュワちゃん。

                      彼はなんと蓄電池業界では

                      世界的権威の研究者で、しかもお忍び来日。

                      美人・天才・天然の三種の神器を兼ね備えた

                      祥子センセ(准教授)25歳、今度はなにをやらかした!?

                      戦々恐々とする岩井クンの不安はおおむね当たり……。

                      おばあちゃん直伝の鬼まんじゅうが北大を救う? 

                      そしておばあちゃんは──。

                       

                      #3

                      【バームクーヘン問題と

                      優花ちゃんのクリスマス事件】

                      連作短編ミステリ。

                      シュワちゃんが去って現れたのは

                      大学1年からの仲の良い友人・優花ちゃん。

                      なんと彼女は君野総長の研究室へ配属したという。

                      総長といえば岩井クンを拉致監禁しようとした張本人で。

                      え? このタイミングで? 君野総長、なにがしたい!?

                      困惑する岩井クンをよそに

                      バームクーヘンからクリスマス事件が発生。

                      祥子センセ、今度はなにをしでかした!?

                      理系男子はキスごときでは動揺しない。

                      そこにすべき研究があるならば!

                      岩井クン受難の第3巻。

                       

                      #4

                      【キジのかきもちクレープ事件と

                      つなひき大会の謎】

                      連作短編ミステリ。

                      キジのかきもちクレープ事件とつなひき大会の謎の第4巻。

                      君野総長との和解を果たした岩井クンの前へ現れたのは、

                      岩井クン専属のSP・キジ。

                      愛知のソウルフード・かきもち変型判が

                      段ボール10箱以上届いたり、

                      北海道の真冬なのにつなひき大会に誘われたり。

                      なぜぼくを誘う?

                      君野総長がまだなにかしかけている?

                      そこで襲うクレープ。

                      ああもうっ。こんなことをしてる場合じゃないのに。

                      2月はすぐなのにっ。

                       

                      #5

                      【大活躍だよ、キッチンカーと勇者よわいモノ説】

                      いよいよ2月。

                      キジとともにヘリでレクの行脚を続ける岩井クン。

                      タイムリミットは48時間。1地点の滞在時間は5分!?

                      無茶苦茶だよっ。だけどやらなくちゃだしっ。

                      祥子センセに出会った10月からいままで。

                      やらされてきた作業の意味はここにあった!

                      そんななか岩井クンが見つけたのは

                      カッコイイ大人でもなんでもなく──。

                       

                      #6

                      【伝説の勇者 タツキおにいちゃん】

                      祥子センセたちがかけつけて、

                      岩井クンは助かったのか!?

                      岩井クンの思いは届く?

                      10月からの謎がようやくあちこち解けていく。

                      祥子センセが起こしていた事件は

                      ──窒素ガス事件どころではなかった。

                      世界が驚くその事件、

                      岩井クンが遺してきたことは意味があるのか。

                      明日あなたに起きるかもしれない、

                      感動の最終話。

                       

                       

                      (画像クリックで配信一覧へジャンプ)

                      参考一覧のYahoo!はここをクリック

                       

                      さあ、岩井クンの生き様をご堪能あれ。

                       

                       

                      CALENDAR
                      SMTWTFS
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      2425262728  
                      << February 2019 >>
                      PR
                      ENTRY(latest 5)
                      ARCHIVES
                      CATEGORY
                      COMMENT
                      TRACKBACK
                      • 伊坂幸太郎氏『アイネクライネナハトムジーク』よんだ【本のツボ】
                        粋な提案 (09/23)
                      • 米澤穂信氏『折れた竜骨(上・下)』読了 【本のツボ】
                        粋な提案 (11/08)
                      PROFILE
                      天川さくブログランキング
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINK
                      RECOMMEND
                      南極からのしらせ
                      南極からのしらせ (JUGEMレビュー »)
                      天川 さく
                      拙作・長編サスペンス小説。単行本です。エネルギーフォーラム社。◆ペンギンからメールが届いた。太陽の異常活発化のしらせだ。白瀬湊は地球を灼熱地獄から救えるか!?
                      RECOMMEND
                      岩井クンの祥子センセ事件簿 #6
                      岩井クンの祥子センセ事件簿 #6 (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      #6伝説の勇者 タツキおにいちゃん
                      最終話でございます。
                      『2月問題』に直面した岩井クン。彼は無事だったのか? 祥子センセが起こした最大の事件とは?
                      この国で生まれ暮らす者はぜったいに避けてとおれない問題。
                      あなたは、その日をどう迎えますか?
                      RECOMMEND
                      岩井クンの祥子センセ事件簿 #5
                      岩井クンの祥子センセ事件簿 #5 (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      岩井クンの第5巻

                      #5大活躍だよ、キッチンカーと勇者よわいモノ説

                      10月、祥子センセに出会った岩井クンは2月を迎え、そして──『2月問題』に直面する。彼の、彼らの奮闘をご覧あれ! 日本に住むすべての人に関わる物語です。

                      次巻、最終話!!
                      RECOMMEND
                      岩井クンの祥子センセ事件簿 #4
                      岩井クンの祥子センセ事件簿 #4 (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      岩井クンの第4巻
                      #4キジのかきもちクレープ事件とつなひき大会の謎
                      岩井クンのSP・キジ登場! 実は#1からずっと岩井クンの背後で警護していた人物である。2月は目前。どっきどきの1月をご堪能ください。
                      RECOMMEND
                      岩井クンの祥子センセ事件簿 #3
                      岩井クンの祥子センセ事件簿 #3 (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      岩井クンの第3巻
                      #3バームクーヘン問題と優花ちゃんのクリスマス事件
                      12月の物語である。新ヒロインに大学総長が参入し、岩井クンはさらにバタバタに。理系男子はキスごときで動じない。そこにすべき研究があるならば! よろしくお願いします。
                      RECOMMEND
                      岩井クンの祥子センセ事件簿 #2
                      岩井クンの祥子センセ事件簿 #2 (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      #2鬼まんじゅうとシュワちゃんの探しモノ。拙作。岩井クンの2巻。祥子センセの研究室で蓄電池作りに励む岩井クン。そこに登場したのは壮年の外国人男性、シュワちゃん。シュワちゃんの目的とは?
                      RECOMMEND
                      岩井クンの祥子センセ事件簿 #1
                      岩井クンの祥子センセ事件簿 #1 (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      連作・短編ミステリ。
                      超おばあちゃんコの岩井クンは超おじいちゃんコの祥子センセの研究室へ。祥子センセは25歳の美人で天才で……天然な人だった!
                      RECOMMEND
                      ヴィーナスダンス【電子書籍】[ 天川さく ]
                      ヴィーナスダンス【電子書籍】[ 天川さく ] (JUGEMレビュー »)
                      長編SFサスペンス。育児放棄にあった8歳の少女と正真正銘の40男の英雄が家族になろうとして、でも世界はそれを阻み──。家族と世界の物語。
                      RECOMMEND
                      それが、カミサマの付き人。【電子書籍】[ 天川さく ]
                      それが、カミサマの付き人。【電子書籍】[ 天川さく ] (JUGEMレビュー »)
                      お仕事系短編ミステリ。ハードボイルド風味。狙撃されたり報復をとめたりすすめたり、忙しい彼の生き様なのである。
                      RECOMMEND
                      オトメな彼のオイル事件
                      オトメな彼のオイル事件 (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      恋バナ大好き、オトメな青年ツルギ。テロで両親兄弟皆殺しになったけど、こうして元気にやってます★ 『英雄になりすぎて部隊にいられなくなった』第2の男の奮闘記。
                      RECOMMEND
                      探査少年×ファイア【電子書籍】[ 天川さく ]
                      探査少年×ファイア【電子書籍】[ 天川さく ] (JUGEMレビュー »)
                      相手にキーワードを与えるスキルを持つ少年・クローバー。心を閉ざした彼が自分を許し前進する、切なく愛しい物語。長編サスペンス。
                      RECOMMEND
                      ダウジングガール
                      ダウジングガール (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      猫系女子が大好きな上司のために任務に励み、それを犬系男子が邪魔をして? お仕事系長編サスペンス小説。拙作。
                      RECOMMEND
                      輪廻するペンギンたち
                      輪廻するペンギンたち (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      拙作。南極にだけいるペンギン、コウテイペンギンの「ぼく」が主人公の短編SFファンタジー。ぼくの記憶は前のぼくから、そしてつぎのぼくへと受け継がれて。世界を救っているんだという、ぼくの奮闘物語。
                      RECOMMEND
                      ストームセル・メレンゲ
                      ストームセル・メレンゲ (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      気流の劇的変化。対応できるのは気流が「見える」青年と記憶を搾取された少年。2人が世界を最悪の事態を回避しようと奮闘する物語。
                      RECOMMEND
                      カラフルな風
                      カラフルな風 (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      拙作。長編サスペンス。デジタル小説。風に色がついて見える風香。ある日、風力発電所で爆発事故が発生。それを回避できるのは風香だけ!?
                      RECOMMEND
                      バイカル湖ロスト【電子書籍】[ 天川さく ]
                      バイカル湖ロスト【電子書籍】[ 天川さく ] (JUGEMレビュー »)
                      長編サスペンス。
                      唄うな!封印された唄姫に連続殺人事件。現場はバイカル湖。そのバイカル湖では藻が異常繁殖。しかも藻だけでなく?
                      RECOMMEND
                      ペンギン事変
                      ペンギン事変 (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      長編ライトミステリー。カズが主任となったカフェに通うヒイラギは「ペンギン好き?」とカズにいきなり訊ねられる。直後、舞い込んだ事件はペンギン大量死事件。そして現場は意外な場所だった。ツグミが足をひっぱり、ボブが頭をはたく。それでもヒイラギは己を曲げない。頑固で神経質な上に目の前にある事象すべてを自分の手で救いたいと躍起になる男、ヒイラギ。「カズとヒイラギがタッグを組むと案件が複雑になるんだよ。ふざけんなよっ」。ボブの雄叫びが響く場所はどこだ!
                      RECOMMEND
                      天川さくの環境ガイド 〜地震・火山から暴走温室効果まで〜他人事じゃない、いま地球で起こっているコト
                      天川さくの環境ガイド 〜地震・火山から暴走温室効果まで〜他人事じゃない、いま地球で起こっているコト (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      このところ天気がおかしいなと思ったことはありませんか? そんなぼんやりとした不安を少し減らします。天気だけではなく、地震や火山、放射線に海で起きていることまで、たっぷり幅広い環境ガイドブック。数式なし! 屁理屈もなし! 押しつけ意見もなし! 地球で起きているちょっとしたことを短い時間で知ってください。
                      RECOMMEND
                      みずいろの花びら RWM
                      みずいろの花びら RWM (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      短編ミステリ。
                      兄が死んだのは本当に事故だったのか?他殺?それとも…自殺?共感覚者の音色が挑む、美しく切ない事件。粉雪・スノーを経て、ヤキソバから3年後のモノガタリ。
                      RECOMMEND
                      粉雪ダウンバースト・総集編 RWM
                      粉雪ダウンバースト・総集編 RWM (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      長編サスペンス小説。親友・チカの失踪と同時に発生したクレーター・ダウンバースト事件。事件は複雑に絡みつき、さらに過激さを増し世界中に犯行予告声明が出された。──人類滅亡計画を実行する──。それはただの予告ではなかった。事件の真意は別にあり、16年に渡る計画が実行されようとしている。世界中を巻き込んだ事件の中心にいたのは、ひとりの青年だった。分冊版『粉雪ダウンバースト』を大幅修正加筆した総集編。
                      RECOMMEND
                      スノーボール・キス RWM
                      スノーボール・キス RWM (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      『粉雪ダウンバースト』事件の続編である。

                      長編サスペンス恋愛小説。「70億死ぬか、1億死ぬかって話ですよ」。キスによる情報収集スキルを持つキリンがたどり着いた先は地球滅亡!
                      RECOMMEND
                      マッドサイエンティストの恋人
                      マッドサイエンティストの恋人 (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      長編サスペンス。誰もが認めるマッドサイエンティストのフォックスは17歳からRWMの技術開発部の部長を務めている。そんなRWMに例によって任務が舞い込む。そのアイテムを超絶技巧で作成する中、恋人の碓氷に異変が。原因は17年前のあの事件!?フォックスの取った想像の斜め上をいく行動とは?
                      RECOMMEND
                      終焉のソースヤキソバ
                      終焉のソースヤキソバ (JUGEMレビュー »)
                      天川 さく
                      長編ライトミステリ。文庫本。
                      音に色がついて見える音色。研修先にやってきたのはヤキソバが名物の街で。先輩マッドに振り回されて音色は任務を遂行できるか。
                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.