ブログパーツUL5
後志産のウニ丼、甘くて口が幸せになってそれからえっとね【ごはん】
0

    6月に後志のウニをいただけた。

    北海道の西側沿岸部、日本海に面した地域である。

    ウニ漁は6月から8月。

    とれたてをいただけて

    幸せ気分になったばかりであるが。

     

    本日、8月の10日にも

    ふたたびこの後志のウニをいただけた!

    こちらである。

     

     

    わああああ。

    おいしいいいいい。

    しあわせ〜〜〜。

     

    これが、北海道に暮らす醍醐味なのだ。

    北国のクセに生意気な暑さが続いていたけれど、

    うん、がんばれる。

    ありがとう、ウニ。

     

    最近のお弁当は和風テイストで梅が好きなので【ごはん】
    0

      サッポロ市民なのに

      寄る年波に勝てぬというか

      熱中症対策にいそしんでいたら

      ブログを1週間以上も更新していなかった。

      もうそんなに経つのか。

      時間の経過がコワい。

       

      というわけで、

      このところのお弁当をご紹介。

      毎日作る気力もなく、

      かといってゼロだと

      栄養かたよって口内炎できるので、

      気力がそこそこあるときに

      作ったものでございます。

       

      シソ梅つくね弁当

       

      ちまき弁当

       

      しそ稲荷弁当

       

      BQ弁当

       

      ……なんだか画像が重くなったかもしれない。

      すみません。

      ロゴをくっつける時間がなかった。

      まあ、悪用されてもいいや。

       

      いちおう、見た目に気を配っているのだ。

      自分自身に食欲わかないといけないからね!

       

      義務ではなく、楽しくつくりたいものです。

       

       

      すいか、お前ってヤツは。こんなにすごいヤツならもっと早くいえよ。まったくよう。【ごはん】
      0

        サッポロで暮らしているけれど、

        愛知県で生まれ育ったわたくしは、

        夏といえば

        スイカの日々であった。

        庭にはスイカがゴロゴロ実り、

        農家の伯母がほぼ毎日スイカを持ち込む。

         

        ひとり一日1個ノルマはザラ。

        冷蔵庫に冷やしてあるわけがなく、

        「腐る前に食え」となると

        生温かいスイカを

        食べざるを得ないくらいの

        そんな切ない子ども時代をすごし。

         

        すっかり、スイカ嫌いになりました☆

         

        「一生分のスイカは食べた」

        そう豪語してかれこれ数十年は

        どうしても食べざるを得ない場合を除き、

        口にしてこなかった。

         

        ところがである。

         

        一昨日、スイカが我が家に届いた。

        いらぬ、というと腐る状況。

         

        そこでグーグル先生にスイカの活用方法を

        教えていただくと

         

        スイカってカリウムたっぷりじゃん!?

        ミネラルたっぷりじゃん!?

        熱中症に最適じゃん!?

         

        ここ数年、油断していなくても

        熱中症の頭痛(1週間は続く)に

        苦しめられ、

        なんとか予防をと血眼であったわたくし。

         

        ヤバいなと思ったら

        スイカ食べればいいじゃん!

         

        そのままだと量を摂取できないので、

        3センチブロックにカットして冷凍して、

        それを、ほどよく溶かして

        ジュースにしていただくと

         

        うまいじゃん!

        スイカおまえ、サイコーじゃん!

        なんだよもう、

        もっと早くいえよ。

        なに恥ずかしがってんだよ。

        ってなもんで、

         

        せっせといただいている。

        いまもジュースを飲みながらの入力作業。

        うみゃい。

         

        日中のお外仕事で

        「……やべえな、頭痛いな、熱中症の気配」

        と怯えて帰宅したものの、

        スイカジュースで

        身体に水分ミネラル補給できていく気がする。

        身体が潤う気がする!

        ありがとう、スイカ!

         

        冷凍庫にジップロックに入ったスイカが

        愛おしくなった、現金者でございます。

         

        (画像クリックでHPへジャンプ)

         

         

        今年も北海道で暮らしていてよかったシーズン。ウニだよ、わっしょい!【ごはん】
        0

          北海道で暮らして数十年。

          6月、といえば

          ウニ!

          である。

          小樽の東側の日本海側

          後志(しりべし)地方で

          今年もウニ漁が解禁!

           

          で、

          ウニが我が家にやってきた。

          イランカラプテ!

           

          こちらである。

           

          んで、茶碗にどーーーーん。

           

           

          あまーい。

          泣ける。

           

          今年も幸せなのでございます。

           

          えー、漁師さんたちが

          期間限定って守っているウニ。

          駄目、絶対、密漁★

           

          リゾッテリア ガク のガリシア栗豚のバルサミコ煮と4種豆のリゾット【ごはん】
          0

            定期的に食べたくなる

            リゾッテリア ガク さんのリゾット。

            いつもは海産系ですが、

            本日は趣向を変えて、肉!

             

            ガリシア栗豚のバルサミコ煮と4種豆のリゾット

             

            あっさりリゾットに、

            こってり味つけでほろほろになるまで煮込んだお肉が

            もうね、サイコー!

             

            心と身体に栄養を与えたいときに

            最適ごはんなのです。

             

            サッポロにガクさんがあってよかった☆彡

            (札幌市豊平区平岸駅すぐ平岸街道沿い)

             

             

             

            北海道は後志の寿都、といえば『生シラス』!!【ごはん】
            0

              魚のしらす、

              釜ゆでではなく、生をいただけると、

              「うあああ、北海道に住んでてよかった!」

              となる。

              いま、なっている。

               

               

              家人が後志へ仕事へ。

              その帰りに「生シラス」を購入。

              家人いわく

              「のぼりがでていても、たいていはゆでてあって」

              「そもそも生はなんだかあんまり売ってなくて」

              「宿のおかみさんに無理いって」

              「用意してもらったのだよ」

              だから味わって食えと。

              いわれずともいただいた。

              晩御飯後に気づいて取り出したけど

              それでもいただいた。

               

              あま〜〜い。

              アメージングな味わいなのだ!

              醤油をぽとりと垂らして、スプーンでいただき。

              はあああ。

               

              ありがとう、北の大地? 北海道の海よ。

              なんだろう。

              シラスってこんなに感動するものだったのか。

              感無量。

               

               

              下ごしらえとはこれくらいすることで、ってやりすぎな気もするが安心するのだ【ごはん】
              0

                快適な一週間生活をおくるため

                朝から食材の下ごしらえをしておりました。

                 

                切り干し大根の煮付け

                ピクルス

                茹で鶏(胸肉)

                チキンの塩ゆずコショウ

                肉団子

                ハンバーグ

                ひとくちカツ

                 

                それと並行して

                昼ご飯のしめじとミートソースのパスタと

                サラダ(下ごしらえして出た歯切れ野菜)、

                晩御飯の五目御飯の準備と

                カボチャのクリームチーズサラダ

                肉団子の茹で汁の野菜スープ

                それから……

                 

                と。

                 

                さすがに力尽きてカフェオレを飲んでいたのだが

                「これきしで疲れるなど、もうひとふんばり」

                とか思って、

                「いや、ちょいと原稿関連をしてから」

                と思いなおしてブログ書いていて、よかった。

                クールダウンできたのだ。

                 

                うん。多すぎだね★

                一週間で食べきれるのだろうか。

                列挙したら何をやっているんだ自分っと

                我に返ることができた。よかったよかった。

                 

                しかもイキのいいエビがあったから

                串焼きにしようかと思っていたけど。

                どんなパーティかな?

                うふふ。

                まあ、そこそこにいたしましょう。

                 

                安心安定な一週間をおくることはできそうです。

                 

                 

                史上最強寒波をむかえてサッポロでは、あれ、うんとお。【つれづれ】
                0

                  こんにちは。サッポロ市民でございます。

                  一昨日あたりから氷点下12度クラスの

                  寒気がサッポロをすっぽり覆っている。

                  48時間くらい同じ気温であがらない。

                   

                  さむくなるぞ、さむくなるぞ、と

                  前日は盛大にけしかけられて

                  からの氷点下12度である。

                   

                  この気温、真冬の夜中はときどきある。

                  だがさすがに午後1時とかにはない。

                  どんな寒さかと市民のみんなが

                  けっこうワクワクして待っていたですがね。

                   

                  「寒い。寒いねえ」

                  「本当に寒いねえ」

                   

                  そういいあいストーブの前にいる。

                   

                  「息をすると鼻が痛い」

                  「手袋してても手が痛い」

                   

                  そういい合いつつストーブに当たる。

                   

                  つまりいつも通りであった。

                  風があまりなかったので助かった。

                   

                  そしてお外仕事の北大では

                  修論発表が終わった学生たちが

                  きゃっほい と

                  濡れたタオルを外で振り回していた。

                   

                  その光景にも

                  「アレって10分くらいやらないと駄目なんだよね」

                  と冷静な声がちらほら。

                  そこそこ経験者がいると。

                   

                  真冬の北海道ルールをちゃんと守れば

                  意外にどってことない気がした気温でした。

                  北米でも大寒波らしいですしね。

                  しかもサッポロに来ている寒波と

                  もとは同じ極寒波だったらしく。

                   

                  ベタ雪よりはずっといい、

                  そう思った大寒波でございました。

                   

                  (画像クリックで創作用HPへジャンプ)

                   

                  たっぷりワッフルと大人のプリン【ごはん】
                  0

                    今週のパティシエは

                    たっぷりワッフルと大人のプリン☆

                     

                    ワッフルは4種

                    あられ砂糖、レーズン生地にアイシング、

                    チーズ、コーン

                     

                    どうした! というくらい作ってくれた。

                    もうね。どれも美味しくて。

                    でも1枚が結構なサイズなので食べきれず、

                    悔し涙にくれたのである。

                     

                    プリンは

                    「あ、バニラビーンズがない」

                    「なんと……」

                    「でもラム酒につけたバニラビーンズならある」

                    「ラム酒つけ?」

                    「ケーキに使おうと思ってさ」

                    「ほ、ほう」

                    「それでよければ回収するけど?」

                    もちろんお願いした。

                     

                    遠出するわけでもなく、

                    ぬくぬくと自宅にこもる週末。

                    なんという幸せだ、と

                    震えつつスイーツをいただき原稿を書いた。

                    しあわせはそこにあるのですよ。

                     

                    アップルの次はレーズンだ。レーズンたっぷりクグロフ【ごはん】
                    0

                      今週のパティシエは

                      レーズンたっぷりクグロフ。

                      生地にはブラウンシュガーを使用。

                      バターたっぷりの芳ばしい一品であった。

                       

                      こちらである。

                       

                      クグロフとは

                      王冠のカタチをしたケーキやパンみたいなヤツ。

                      パティシエいわく

                      「ほら、マリーアントワネットがいったじゃん」

                      「マリーと知り合いかい?」

                      「パンがなければお菓子をたべればいいじゃなーい」

                      「……うん」

                      「そのお菓子がクグロフ」

                      「ほう」

                       

                      真相はよくわからないものの、

                      少し調べたら

                      (グレーテルのかまどサイトを見た)

                      マリーアントワネットが

                      大好きな菓子であることは確かっぽい。

                       

                      アップルの次にレーズンにハマっているパティシエ。

                      「春先に漬けたラムレーズンがヤバい」

                      から使わないとイケナイとの談である。

                       

                      レーズンは鉄分豊富で貧血防止によろしく、

                      わたくしは大歓迎である。

                      願わくばパティシエよ、

                      ブームが交互だと、嬉しいのだが。

                       

                      贅沢な悩みですみません。

                       

                       

                      CALENDAR
                      SMTWTFS
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << August 2019 >>
                      PR
                      ENTRY(latest 5)
                      ARCHIVES
                      CATEGORY
                      COMMENT
                      TRACKBACK
                      • 伊坂幸太郎氏『アイネクライネナハトムジーク』よんだ【本のツボ】
                        粋な提案 (09/23)
                      • 米澤穂信氏『折れた竜骨(上・下)』読了 【本のツボ】
                        粋な提案 (11/08)
                      PROFILE
                      天川さくブログランキング
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINK
                      RECOMMEND
                      南極からのしらせ
                      南極からのしらせ (JUGEMレビュー »)
                      天川 さく
                      拙作・長編サスペンス小説。単行本です。エネルギーフォーラム社。◆ペンギンからメールが届いた。太陽の異常活発化のしらせだ。白瀬湊は地球を灼熱地獄から救えるか!?
                      RECOMMEND
                      恋と月とペンギンと なごみカフェ (AINE)
                      恋と月とペンギンと なごみカフェ (AINE) (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      なごみカフェ・シリーズ
                      第1話 恋と月とペンギンと
                      高校生の同級生ピュアラブ短編。弘輝はとても優しいけど、彼の視線はいつも。地震や火山噴火が相次ぐ中で、紗江の恋の行方は?
                      RECOMMEND
                      岩井クンの祥子センセ事件簿 #6
                      岩井クンの祥子センセ事件簿 #6 (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      #6伝説の勇者 タツキおにいちゃん
                      最終話でございます。
                      『2月問題』に直面した岩井クン。彼は無事だったのか? 祥子センセが起こした最大の事件とは?
                      この国で生まれ暮らす者はぜったいに避けてとおれない問題。
                      あなたは、その日をどう迎えますか?
                      RECOMMEND
                      岩井クンの祥子センセ事件簿 #5
                      岩井クンの祥子センセ事件簿 #5 (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      岩井クンの第5巻

                      #5大活躍だよ、キッチンカーと勇者よわいモノ説

                      10月、祥子センセに出会った岩井クンは2月を迎え、そして──『2月問題』に直面する。彼の、彼らの奮闘をご覧あれ! 日本に住むすべての人に関わる物語です。

                      次巻、最終話!!
                      RECOMMEND
                      岩井クンの祥子センセ事件簿 #4
                      岩井クンの祥子センセ事件簿 #4 (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      岩井クンの第4巻
                      #4キジのかきもちクレープ事件とつなひき大会の謎
                      岩井クンのSP・キジ登場! 実は#1からずっと岩井クンの背後で警護していた人物である。2月は目前。どっきどきの1月をご堪能ください。
                      RECOMMEND
                      岩井クンの祥子センセ事件簿 #3
                      岩井クンの祥子センセ事件簿 #3 (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      岩井クンの第3巻
                      #3バームクーヘン問題と優花ちゃんのクリスマス事件
                      12月の物語である。新ヒロインに大学総長が参入し、岩井クンはさらにバタバタに。理系男子はキスごときで動じない。そこにすべき研究があるならば! よろしくお願いします。
                      RECOMMEND
                      岩井クンの祥子センセ事件簿 #2
                      岩井クンの祥子センセ事件簿 #2 (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      #2鬼まんじゅうとシュワちゃんの探しモノ。拙作。岩井クンの2巻。祥子センセの研究室で蓄電池作りに励む岩井クン。そこに登場したのは壮年の外国人男性、シュワちゃん。シュワちゃんの目的とは?
                      RECOMMEND
                      岩井クンの祥子センセ事件簿 #1
                      岩井クンの祥子センセ事件簿 #1 (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      連作・短編ミステリ。
                      超おばあちゃんコの岩井クンは超おじいちゃんコの祥子センセの研究室へ。祥子センセは25歳の美人で天才で……天然な人だった!
                      RECOMMEND
                      ヴィーナスダンス【電子書籍】[ 天川さく ]
                      ヴィーナスダンス【電子書籍】[ 天川さく ] (JUGEMレビュー »)
                      長編SFサスペンス。育児放棄にあった8歳の少女と正真正銘の40男の英雄が家族になろうとして、でも世界はそれを阻み──。家族と世界の物語。
                      RECOMMEND
                      それが、カミサマの付き人。【電子書籍】[ 天川さく ]
                      それが、カミサマの付き人。【電子書籍】[ 天川さく ] (JUGEMレビュー »)
                      お仕事系短編ミステリ。ハードボイルド風味。狙撃されたり報復をとめたりすすめたり、忙しい彼の生き様なのである。
                      RECOMMEND
                      オトメな彼のオイル事件
                      オトメな彼のオイル事件 (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      恋バナ大好き、オトメな青年ツルギ。テロで両親兄弟皆殺しになったけど、こうして元気にやってます★ 『英雄になりすぎて部隊にいられなくなった』第2の男の奮闘記。
                      RECOMMEND
                      探査少年×ファイア【電子書籍】[ 天川さく ]
                      探査少年×ファイア【電子書籍】[ 天川さく ] (JUGEMレビュー »)
                      相手にキーワードを与えるスキルを持つ少年・クローバー。心を閉ざした彼が自分を許し前進する、切なく愛しい物語。長編サスペンス。
                      RECOMMEND
                      ダウジングガール
                      ダウジングガール (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      猫系女子が大好きな上司のために任務に励み、それを犬系男子が邪魔をして? お仕事系長編サスペンス小説。拙作。
                      RECOMMEND
                      輪廻するペンギンたち
                      輪廻するペンギンたち (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      拙作。南極にだけいるペンギン、コウテイペンギンの「ぼく」が主人公の短編SFファンタジー。ぼくの記憶は前のぼくから、そしてつぎのぼくへと受け継がれて。世界を救っているんだという、ぼくの奮闘物語。
                      RECOMMEND
                      ストームセル・メレンゲ
                      ストームセル・メレンゲ (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      気流の劇的変化。対応できるのは気流が「見える」青年と記憶を搾取された少年。2人が世界を最悪の事態を回避しようと奮闘する物語。
                      RECOMMEND
                      カラフルな風
                      カラフルな風 (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      拙作。長編サスペンス。デジタル小説。風に色がついて見える風香。ある日、風力発電所で爆発事故が発生。それを回避できるのは風香だけ!?
                      RECOMMEND
                      バイカル湖ロスト【電子書籍】[ 天川さく ]
                      バイカル湖ロスト【電子書籍】[ 天川さく ] (JUGEMレビュー »)
                      長編サスペンス。
                      唄うな!封印された唄姫に連続殺人事件。現場はバイカル湖。そのバイカル湖では藻が異常繁殖。しかも藻だけでなく?
                      RECOMMEND
                      ペンギン事変
                      ペンギン事変 (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      長編ライトミステリー。カズが主任となったカフェに通うヒイラギは「ペンギン好き?」とカズにいきなり訊ねられる。直後、舞い込んだ事件はペンギン大量死事件。そして現場は意外な場所だった。ツグミが足をひっぱり、ボブが頭をはたく。それでもヒイラギは己を曲げない。頑固で神経質な上に目の前にある事象すべてを自分の手で救いたいと躍起になる男、ヒイラギ。「カズとヒイラギがタッグを組むと案件が複雑になるんだよ。ふざけんなよっ」。ボブの雄叫びが響く場所はどこだ!
                      RECOMMEND
                      天川さくの環境ガイド 〜地震・火山から暴走温室効果まで〜他人事じゃない、いま地球で起こっているコト
                      天川さくの環境ガイド 〜地震・火山から暴走温室効果まで〜他人事じゃない、いま地球で起こっているコト (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      このところ天気がおかしいなと思ったことはありませんか? そんなぼんやりとした不安を少し減らします。天気だけではなく、地震や火山、放射線に海で起きていることまで、たっぷり幅広い環境ガイドブック。数式なし! 屁理屈もなし! 押しつけ意見もなし! 地球で起きているちょっとしたことを短い時間で知ってください。
                      RECOMMEND
                      みずいろの花びら RWM
                      みずいろの花びら RWM (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      短編ミステリ。
                      兄が死んだのは本当に事故だったのか?他殺?それとも…自殺?共感覚者の音色が挑む、美しく切ない事件。粉雪・スノーを経て、ヤキソバから3年後のモノガタリ。
                      RECOMMEND
                      粉雪ダウンバースト・総集編 RWM
                      粉雪ダウンバースト・総集編 RWM (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      長編サスペンス小説。親友・チカの失踪と同時に発生したクレーター・ダウンバースト事件。事件は複雑に絡みつき、さらに過激さを増し世界中に犯行予告声明が出された。──人類滅亡計画を実行する──。それはただの予告ではなかった。事件の真意は別にあり、16年に渡る計画が実行されようとしている。世界中を巻き込んだ事件の中心にいたのは、ひとりの青年だった。分冊版『粉雪ダウンバースト』を大幅修正加筆した総集編。
                      RECOMMEND
                      スノーボール・キス RWM
                      スノーボール・キス RWM (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      『粉雪ダウンバースト』事件の続編である。

                      長編サスペンス恋愛小説。「70億死ぬか、1億死ぬかって話ですよ」。キスによる情報収集スキルを持つキリンがたどり着いた先は地球滅亡!
                      RECOMMEND
                      マッドサイエンティストの恋人
                      マッドサイエンティストの恋人 (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      長編サスペンス。誰もが認めるマッドサイエンティストのフォックスは17歳からRWMの技術開発部の部長を務めている。そんなRWMに例によって任務が舞い込む。そのアイテムを超絶技巧で作成する中、恋人の碓氷に異変が。原因は17年前のあの事件!?フォックスの取った想像の斜め上をいく行動とは?
                      RECOMMEND
                      終焉のソースヤキソバ
                      終焉のソースヤキソバ (JUGEMレビュー »)
                      天川 さく
                      長編ライトミステリ。文庫本。
                      音に色がついて見える音色。研修先にやってきたのはヤキソバが名物の街で。先輩マッドに振り回されて音色は任務を遂行できるか。
                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.