ブログパーツUL5
SOSはしみじみといいデスよ【pick up MUSIC】
0

    SOSというアーティストをご存知ですか。

    スクープ オン サムバディ です。

    Skoop On Somebody 略して SOS。

    今年結成20周年。

    結成したときはスクープだった。

    そのとき、ちょうど海外アーティストの

    スクープがブレイク。

    紛らわしいからと(大人事情はさておき)

    改名してSOSとなったのです。

    3人グループでしたが、今は2人。

    ちょうどゴスペラーズもそのころにデビュー。

    北海道では2組ともプッシュしていたのが、

    ゴスペラーズがあれよあれよと

    ゴスペルブームになって全国区。

    がんばれ、SOSと思っていた。

     

    ボーカルのたけさんの声がイイのです。

    裏返るところでキュンとなる。

    そして、めちゃブレイクはしなかったけど、

    こうして20周年を迎え、

    あの、久保田利伸さんから楽曲を貰い、

    お祝いをするという。

    公式サイトを要チェック。

     

    わたくしからは、

    本日は雨ふりだということで、こちらを☆彡

    ベタに 『ama-oto』 です。

    (線香花火とかも好きだけど、それはまた夏に)

    ところで、このタグがあるの、

    すっかり忘れていた。

    数年振りに記事にした。

    記念すべき! SOS!

    マーケティングって……【pick up MUSIC】
    0

      先日、朝のラジオ、

      FMノースウェーブの番組から

      お勧め楽曲として

      『North Pandemic Groove』 が流れた。

      J-Jazz というジャンル。

      メンバー全員が北海道出身で、

      北海道のジャズコン? で優勝ののち、

      上京……ではなく、海外進出! した

      グルーブである。

      北海道あるあるである。

      べつに東京が格別エライとは思っておらず。

      道内イチになったら世界へ出てやるぜ!

      という意識、各業界に多い。

      で、海外から逆輸入的に有名になるという。

       

      というわけで、

      「おお、いいじゃん、コレ」

      と思っても、キャンペーン時期を逃すと

      CD入手が難しいのである。

      Amazonにもなかった。

      近所の大型書店兼CDショップにもなかった。

      キャンペーンやってたショップにはあるかもしれないが、

      そこまでいくのは少々面倒。

      これが……メディアの壁なのか!

      欲しいと思っても手に入らなければ

      ま、いっか、と思うじゃん。

      どんなにイイ作品でも。

      どんな業界にも通じることなのだろう。

      ある程度マーケティング戦略がないと、

      あふれ出る商品の中から拾われることはないのだ。

      わかっていたけど、あらためて思い知った。

      自分を顧みて、どうしたらいいのか

      考えたほどである。

      とりあえず、↓に張り付けたのがソレ。

      ごらんあれ〜。

      音楽のチカラその2【pick up MUSIC】
      0

        暑いですね! 気合い持続時間が短い!

        それを維持するための重要アイテム、音楽。

        その凄さを再確認してます。

        各地で音楽フェスがやっているからでもあるし、

        その威力のほどをご紹介。

        HOUSE楽曲のDAISHI DANCE 氏がわたくし

        大好きだとはいつぞや書いた。

        よく原稿のBGMに使っている。

         

        先日脱稿した原稿も、

        これにずいぶん助けられた。

        主人公・ナユタの本気恋バナなのだが、

        数年前からナユタを書くときは

        DAISHIさんの楽曲をテーマにしている、

        のに、

        ネットサーフィンをしていて気づいた。

        冒頭で持ってかれた。

        「あ! ナユタ書かなきゃ!」

        何十回視聴したけど飽きることなくそう思った。

        アルバムCD持っているものの、

        mixバージョンが新鮮だったのでエンドレスで聴いていた。

        こちらである。

         

         

        音楽って、凄いですよ。

        北海道は今日からライジングサンサマーフェス!

        文字どおり日が出るまで、ひと晩中ずーっとやるフェス!

        例年雨に降られているが今日は晴天、

        参加される方、楽しんでください!

        わたくし、インドア派は

        FMノースから聞こえる中継を楽しみます★

         

        BOOM BOOM SATELLITES ありがとう【pick up MUSIC】
        0

          BOOM BOOM SATELLITES を知ったのは

          いつだっただろう。

          気づいたら愛聴しているFMノースウエーブで

          よく流れていた。

          ヨーロッパでデビューした日本人2人組と聞いて、

          そりゃまた、と思ったものである。

          そして6月22日、

          最後の楽曲がリリース、

          活動も終了という。

          休止ではなく終了。

          理由はボーカルの脳腫瘍の悪化である。

          なんと彼はデヴュー直後に脳腫瘍を患っていた。

          なんど摘出手術をしたことか。

          今回は5回目だと思う。再発であった。

          言語障害、記憶障害が出ているという。

          それでも彼は歌ってくれた。

          その最後の楽曲がこれである。

          PVに出演しているのは彼の愛娘。

          現在、彼は家族と穏やかな時間を送っているという。

          この話を知って、ただひたすら胸が熱くなった。

          彼に向ける言葉や飾る言葉に送る言葉、

          それらが溢れて喉の奥でつかえて何も言えない。

          歌うと言う生き様。

          ただひたすら、頑張らねば、と思ったのだ。

          なにがどうなった! KANA-BOON『talking』どうでしょう〜【pick up MUSIC】
          0
            このところお外仕事(研究関係)が妙である。
            なんどかここで書いたけれど、
            それは3月から始まった。
            そして5月も半ば、現在も続いている。

            原因はわかっている。
            とある人材、typZ。

            だが、それのせいでここまで忙しくなるか?
            何しろ5月に入って、帰国した上司と
            一緒にランチを取る暇もない。
            わたくしも上司もである。
            みんな、隙間時間でランチを食べる。
            悠々と食べているのはやつだけである。
            配属してきた学生ですら、
            新しい実験やらなにやらでバタバタである。

            5月ってこんなに忙しかったか?
            否。
            なんでだ。誰かとゆっくり会話する暇もない。
            やつがこういう負のサイクルを作っているのか?
            どうすれば負の連鎖を断ち切れるのだ!!!

            と本気で思っているので、
            例のさくさく事件を解決していく
            アニメ『すべてがFになる』の主題歌にして、
            本題とぴったりのタイトルの楽曲を紹介なのだ。
            こちらである。
            KANA-BOON である。
            どぞ。
             
            音楽のチカラ『GReeeeN/Green boys』【pick up MUSIC】
            0
              この一カ月、気力が落ちている。
              なんのために書くのか。
              どうして書き続けなくてはいけないのか。
              自分なりに答えは出ている。
              わかっている。正論もある。
              けど、いつだって続けるのは力がいる。
              ガス欠になったわけである。

              で、力が湧かず、ストーブの前に
              寝転がっていた今朝だ。
              ラジオからGReeeeNの楽曲が流れた。
              毎週金曜日の朝、
              愛聴のFMノースウェーブの番組で、
              「あの日を忘れない。3.11 」
              をやっている。
              そこで彼らの活動と、歯科医であるメンバーが
              遺体身元判明の歯科医として
              ボランティア活動をしているとき
              自分の中から音がきこえなくなって、
              けれど、そこでたまたま女の子たちが
              自分たちの楽曲「キセキ」を歌っている場面に遭遇し、
              音楽のチカラを再認識したというエピである。
              自分たちがやっていることには意義があると。
              そこで出来たのが「Green boys」。
              そのPVには被災者の方々の写真が
              たっぷり使ってある、という有名なあの楽曲だ。
              前にも何度も聴いた。
              でも、今日は心に『利いた』。
              とにかく、毎日書く。
              カケラでもいいから進む。
              それに意味がある。
              それがようやく、身に染みた。
              ありがとう。
              ラフマニノフ、琴線に触れまくるんですが【pick up MUSIC】
              0
                作業用BGMを日々使っている。
                CDやラジオも聴くけれど、
                一日10時間ぶっとおしで聴くという
                厳しい条件をクリアするのは、
                喋りとかはちょっと邪魔なんで。
                今週は 『のだめカンタービレ』 に
                使用したクラッシック楽曲集を愛用。
                YouTubeの作業用BGMを使わせてもらった。
                そして木曜! 本日だ。
                辿りついたのが、
                そこから派生した作業用BGMの
                ラフマニノフ!
                ラフマニノフ。CDで買うと、当然全楽曲
                流して聴くことになる。
                作業用BGMは切り貼りしてあるので、
                いろんなラフマニノフを楽しめるのだ。
                それで今朝8時半から
                「ふぉおおおお、いいぞいいぞ!」
                と琴線に触れまくって涙している。
                みなさんにもおすすめせねば。
                疲れた心に触れること請け合いだ☆彡
                どぞ。

                たっぷり1時間44分☆
                ありがたや〜。
                 
                SAPPORO CITY JAZZ に行ってきた☆【pick up MUSIC】
                0
                  サッポロシティジャズに行ってきた。
                  毎年、札幌の大通公園2丁目に
                  テントを張って開催されるフェスである。
                  初参加なのでどっきどき。
                  とりあえず2か月前に2階席を入手。
                  アーティストは
                  Fried Pride featuring Gast Waltzing
                  女性ボーカルにギターとトランペットであった。
                  sapporo city jazz
                  なんか、二階席がある、ちょっと大きなライブハウス、
                  そんなカンジの会場で、
                  開演前から終わったあとも、
                  お酒やらおつまみを楽しみめるという
                  大人なフェスであった。
                  年齢層も高かった……。
                  20代がいなかったような気がした。
                  80代くらいの方もいた。すごいな、札幌。
                  で、わたくしは2階席から見ていたのだが、
                  いやー、1階席はすごかった。
                  みんなビール飲んでいるのに、
                  立ち上がって手拍子で、
                  ステージからの依頼に応じて合唱したり、
                  ノリノリなのであった。
                  なんというか中高年の元気っぷりに圧倒?
                  メジャーなジャズかといえば、
                  ちょっと雰囲気違うけれど、
                  とても楽しくアンコール含めた2時間が、
                  あっという間なのであった。
                  いやあー……
                  バブル時代を知っているオトナは元気だよ。
                  しみじみ。
                  夏だ!海の日だ!サマーウオーズ主題歌だ!【pick up MUSIC】
                  0
                    海の日ですね!!!
                    わたくし自身は海に遊びにいかなくなって久しい。
                    じゃが、せっかく世間は夏真っ盛り。
                    しかも海の日、ということで、
                    海の日から連想してみた。
                    海の日

                    夏の日

                    感動

                    細田守監督作品

                    やっぱり 『サマーウオーズ』

                    主題歌・山下達郎氏
                    『僕らの夏の夢』

                    これしかないでしょう!!!
                    ってことで、ともに夏を堪能いたしましょう。
                    どぞ☆彡

                     
                    Maia Hirawasa Boom! で元気になる!【pick up MUSIC】
                    0
                      どんなに普段元気な人でも疲れることがある。
                      普段元気ではない人はなおさらである。
                      でも、無理やり元気を出さねばならないときはある。
                      すなわち、現在のわたくしだ!
                      わたくしが、いままさに聴いて元気を出したい!
                      それが
                      Maia Hiasawa の Boom! である。
                      JR北九州の応援ソングであったが、
                      このミュージックビデオがよい。
                      そらエキストラなんだけど、
                      やらせ感がさほどなく、
                      なんか、みんな頑張ってる! というのが、
                      まあやらせでもここまでやってくれるならいいや、
                      そう、思わずニンマリ笑ってしまうのだ。
                      あなたの今日に、元気を投入! 
                      ということで、どうぞ☆彡
                      CALENDAR
                      SMTWTFS
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>
                      PR
                      ENTRY(latest 5)
                      ARCHIVES
                      CATEGORY
                      COMMENT
                      TRACKBACK
                      • 伊坂幸太郎氏『アイネクライネナハトムジーク』よんだ【本のツボ】
                        粋な提案 (09/23)
                      • 米澤穂信氏『折れた竜骨(上・下)』読了 【本のツボ】
                        粋な提案 (11/08)
                      PROFILE
                      天川さくブログランキング
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINK
                      RECOMMEND
                      南極からのしらせ
                      南極からのしらせ (JUGEMレビュー »)
                      天川 さく
                      拙作でございます。長編サスペンス小説。単行本です。エネルギーフォーラム社。◆ペンギンからメールが届いた。太陽の異常活発化のしらせだ。白瀬湊は地球を灼熱地獄から救えるか!?
                      RECOMMEND
                      オトメな彼のオイル事件
                      オトメな彼のオイル事件 (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      恋バナ大好き、オトメな青年ツルギ。テロで両親兄弟皆殺しになったけど、こうして元気にやってます★ 『英雄になりすぎて部隊にいられなくなった』第2の男の奮闘記。
                      RECOMMEND
                      探査少年×ファイア【電子書籍】[ 天川さく ]
                      探査少年×ファイア【電子書籍】[ 天川さく ] (JUGEMレビュー »)
                      相手にキーワードを与えるスキルを持つ少年・クローバー。心を閉ざした彼が自分を許し前進する、切なく愛しい物語。長編サスペンス。
                      RECOMMEND
                      ダウジングガール
                      ダウジングガール (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      猫系女子が大好きな上司のために任務に励み、それを犬系男子が邪魔をして? お仕事系長編サスペンス小説。拙作。
                      RECOMMEND
                      輪廻するペンギンたち
                      輪廻するペンギンたち (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      拙作。南極にだけいるペンギン、コウテイペンギンの「ぼく」が主人公の短編SFファンタジー。ぼくの記憶は前のぼくから、そしてつぎのぼくへと受け継がれて。世界を救っているんだという、ぼくの奮闘物語。
                      RECOMMEND
                      ストームセル・メレンゲ
                      ストームセル・メレンゲ (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      気流の劇的変化。対応できるのは気流が「見える」青年と記憶を搾取された少年。2人が世界を最悪の事態を回避しようと奮闘する物語。
                      RECOMMEND
                      カラフルな風
                      カラフルな風 (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      拙作。長編サスペンス。デジタル小説。風に色がついて見える風香。ある日、風力発電所で爆発事故が発生。それを回避できるのは風香だけ!?
                      RECOMMEND
                      バイカル湖ロスト【電子書籍】[ 天川さく ]
                      バイカル湖ロスト【電子書籍】[ 天川さく ] (JUGEMレビュー »)
                      長編サスペンス。
                      唄うな!封印された唄姫に連続殺人事件。現場はバイカル湖。そのバイカル湖では藻が異常繁殖。しかも藻だけでなく?
                      RECOMMEND
                      ペンギン事変
                      ペンギン事変 (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      長編ライトミステリー。カズが主任となったカフェに通うヒイラギは「ペンギン好き?」とカズにいきなり訊ねられる。直後、舞い込んだ事件はペンギン大量死事件。そして現場は意外な場所だった。ツグミが足をひっぱり、ボブが頭をはたく。それでもヒイラギは己を曲げない。頑固で神経質な上に目の前にある事象すべてを自分の手で救いたいと躍起になる男、ヒイラギ。「カズとヒイラギがタッグを組むと案件が複雑になるんだよ。ふざけんなよっ」。ボブの雄叫びが響く場所はどこだ!
                      RECOMMEND
                      天川さくの環境ガイド 〜地震・火山から暴走温室効果まで〜他人事じゃない、いま地球で起こっているコト
                      天川さくの環境ガイド 〜地震・火山から暴走温室効果まで〜他人事じゃない、いま地球で起こっているコト (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      このところ天気がおかしいなと思ったことはありませんか? そんなぼんやりとした不安を少し減らします。天気だけではなく、地震や火山、放射線に海で起きていることまで、たっぷり幅広い環境ガイドブック。数式なし! 屁理屈もなし! 押しつけ意見もなし! 地球で起きているちょっとしたことを短い時間で知ってください。
                      RECOMMEND
                      みずいろの花びら RWM
                      みずいろの花びら RWM (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      短編ミステリ。
                      兄が死んだのは本当に事故だったのか?他殺?それとも…自殺?共感覚者の音色が挑む、美しく切ない事件。粉雪・スノーを経て、ヤキソバから3年後のモノガタリ。
                      RECOMMEND
                      粉雪ダウンバースト・総集編 RWM
                      粉雪ダウンバースト・総集編 RWM (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      長編サスペンス小説。親友・チカの失踪と同時に発生したクレーター・ダウンバースト事件。事件は複雑に絡みつき、さらに過激さを増し世界中に犯行予告声明が出された。──人類滅亡計画を実行する──。それはただの予告ではなかった。事件の真意は別にあり、16年に渡る計画が実行されようとしている。世界中を巻き込んだ事件の中心にいたのは、ひとりの青年だった。分冊版『粉雪ダウンバースト』を大幅修正加筆した総集編。
                      RECOMMEND
                      スノーボール・キス RWM
                      スノーボール・キス RWM (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      『粉雪ダウンバースト』事件の続編である。

                      長編サスペンス恋愛小説。「70億死ぬか、1億死ぬかって話ですよ」。キスによる情報収集スキルを持つキリンがたどり着いた先は地球滅亡!
                      RECOMMEND
                      マッドサイエンティストの恋人
                      マッドサイエンティストの恋人 (JUGEMレビュー »)
                      天川さく
                      長編サスペンス。誰もが認めるマッドサイエンティストのフォックスは17歳からRWMの技術開発部の部長を務めている。そんなRWMに例によって任務が舞い込む。そのアイテムを超絶技巧で作成する中、恋人の碓氷に異変が。原因は17年前のあの事件!?フォックスの取った想像の斜め上をいく行動とは?
                      RECOMMEND
                      終焉のソースヤキソバ
                      終焉のソースヤキソバ (JUGEMレビュー »)
                      天川 さく
                      長編ライトミステリ。文庫本。
                      音に色がついて見える音色。研修先にやってきたのはヤキソバが名物の街で。先輩マッドに振り回されて音色は任務を遂行できるか。
                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.