ブログパーツUL5
『探査少年×ファイア』の試し読みです!【小説】
0

    今回は『探査少年×ファイア』の試し読みです☆彡

    『2th南しら祭り』を開催していて、なかなか創作用HPに『探査少年×ファイア』のページが作れず。

    なので、ここで先行してご紹介〜。

    長編サスペンス『探査少年×ファイア』(いるかネットブックス)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ◇◆試し読み◆◇


     教会に歌声が響いていた。
     讃美歌九十七番。
     一番後ろの席に座り、『クローバー』は天井を見上げる。左側にあるステンドグラス。そこからまさしく歌詞のとおりに差し込んだ朝日が礼拝堂を照らしていた。
     礼拝堂の中を赤や黄色に照らすその光、きらきらと輝くその光がクローバーの頭上も染めていく。大人と子どもの真摯《しんし》な歌声に導かれて、クローバーは目を細めてそれを仰ぎ見る。すがるように。救いを求めるように。そこから答えを導き出すために。けれど──。
     クローバーは目を伏せる。
     ステンドグラスをとおした光はまぶしすぎて、礼拝堂全体が揺らめいて見えた。どうしても燃える炎の中にいる感覚になる。
     もちろんステンドグラスのせいではない。
     さっき探査した案件のせいだ。
     もっと、と思う。
     もっと讃美歌を聴いていればこの感情は凪ぐのだろうか。
     もっと礼拝堂の空気を深くたっぷりと吸い込んでいれば、そうすればこのざわついた感覚は消えるのだろうか。
     そのときだ。
     背後に気配を感じた。
     直後、長いプラチナブロンドの髪がクローバーの両肩へと流れ、背中から細い腕がクローバーを抱きしめた。
     しなやかな細腕の主が耳元で甘い声を出す。
    「見つけた」
     振り向かなくてもわかる。コードネーム『黒猫《くろねこ》』だ。
     彼女はクローバーの耳元で囁き続ける。一応、礼拝中であることを考慮してくれているようだ。
    「凹むたびに教会へ姿を消すクセ、いい加減に治して欲しいわ」
     クローバーは軽く肩をすくめる。
    「凹んでなんていませんよ」
    「捜す身にもなれと言っているの。世界中にいくつ教会があると思っているの? ステンドグラスさえあればいいとなれば、キリスト教の教会限定にもできないわ」
    「社章バッジにGPS機能がついているでしょう? 碓氷《うすい》さんに聞けば僕の居場所なんてすぐに教えてくれますよ」
     黒猫がクローバーの耳を甘噛みする。
    「……私が彼女をどれだけ嫌いなのか知っていてよくそんなことを言えるわね」
    「彼女を愛してやまないのは恋人のフォックスさんくらいですよ」
     僕だって、とクローバーは左耳を指さす。超軽量のイヤホン型モバイルフォン、通称イヤーモバイルを装着していた。
    「せっかく心を癒しにここへ来たのに、ずっと強制接続されて碓氷さんに怒鳴られっぱなしです。半分も集中できない。讃美歌九十七番、大好きなのに」
    「やっぱり凹んでいるんじゃないの」
     しまった、とクローバーはかすかに眉を揺らす。
    「とはいえ、今回はすぐにわかった。この教会、あなたの通っていた教会に塔の形が似ているわ」
    「僕の通っていた教会? ……なぜ知っているんです?」
    「あなたの部長に画像をもらったの。『あなたの部下の少年がすぐにいなくなって大変迷惑しています。ヒントになる画像などお持ちではないでしょうか』ってね」
     クローバーは大袈裟にうなだれてみせる。プライバシーの侵害だ。
     まあ、わかるけれど、と黒猫は身を乗り出した。柔らかい白いシャツブラウスが半袖Tシャツ姿のクローバーの肌に触れる。大きく開いた襟元から黒猫の胸の谷間があらわになる。それを隠すことなく黒猫はクローバーの左手を取った。そしてその手首にはめた金属製のブレスレットを指先で撫でた。
    「クローバーの大嫌いな森林火災。しかも大規模火災。その発端を見つけたんですって?」
     黒猫は指先をブレスレットからクローバーの唇へと移動させる。クローバーは視線を伏せたままでその指先を掴んだ。「はい」とその指の中へ小型チップを入れる。
    「何これ」
    「僕がこの教会に来てから拾ったデータです。アジアの極東エリアのものだけしか入れていません。もっと欲しければつけ加えますが」
    「あなた──碓氷の怒鳴り声を跳ねつけてメンタルリセットしつつ、さらにはデータ整理もしていたの?」
    「情報調査部員ですから。キャリア九年の」
    「しかも十九歳。いろいろおかしいわよね」
    「二十二歳で修繕部員キャリア十一年のあなたに言われたくありませんね」
     むっとした気配を漂わせて黒猫はクローバーの耳の後ろに唇を当てる。そのまま首筋を舐めようとしてくる。どういう嫌がらせなのか。
     クローバーは、やれやれ、と姿勢を正し、それから黒猫がこの教会へ現れてから初めて彼女へ振り向いた。
     真っ直ぐに黒猫のその金色に近いグレーの瞳を見る。
     弾かれたように黒猫がクローバーから離れた。
     さっきまでの妖艶な雰囲気とは打って変わって険しい眼差しへと変わる。数秒視線を揺らし、黒猫は口の端を歪めた。
    「……やってくれたわね。クローバーのくせに」
    「『クローバー』ですから。みなさんへ幸せをお届け。そういったところですかね」
    「会長はそういう意味合いであなたのコードネームをつけたわけじゃないと聞いたけれど?」
    「相手に『キーワード』をプレゼントするのは事実ですから」
     それに、と続ける。
    「君もそうですよ。別に君は不幸を運んでいません。そのスキルは君のせいじゃない」
    「『黒猫』のように相手の幸運を奪う、それは事実でしょう?」
    「世の中の黒い猫たちは幸運を奪ってなどいません。黒い猫に対する冒涜《ぼうとく》だ。あれは黒猫が目の前を横切ったら不吉なことが起きるという迷信で──」
     もう結構、と黒猫は吐き捨てる。それからクローバーが渡した小型チップを押し返した。
    「あなたの『おかげで』私は行かなくちゃいけなくなったわ。そのデータは自分で渡して」
    「誰に」
    「ギフトさん」
     え、と眉を歪めるクローバーへ黒猫は畳みかける。
    「なんのために私があなたを捜していたと思うの? あなたをカフェに連れ戻すためよ」
    「カフェにギフトさんがいるということですか? だってギフトさんといえば」
    「運輸管理部の部長よ。ただの社員ではない。部長。それだけの事態だということよ。いい加減に状況の深刻性に気づいて」
     さすがにクローバーの顔も強張る。
     黒猫は繰り返す。
    「いい? 必ずカフェへ戻って。そしてそのデータチップをギフトさんへ渡して。今すぐによ。わかった? いいわね?」
     しつこく黒猫はクローバーへ指をさしてから礼拝堂から駆け出していった。
     我に返ると讃美歌は終わっていた。
     それどころか多数の視線を背中に感じた。
     そっとクローバーは祭壇へ振り返る。参列者たちがクローバーを見ていた。牧師は聖書を手にして困惑した顔を向けていた。
     さすがに騒ぎすぎたか。
     できれば──もう少しここの空気の中に身を浸していたかったのにな。
     クローバーはあきらめて席を立つ。
     そして牧師へ会釈をして、礼拝堂をあとにした。


    (つづきは本編で!)

     

     

    • 2017.12.16 Saturday
    • 21:58
    • スポンサードリンク
    • -
    • -
    • -
    • -
    スポンサーサイト
    0
      Comment:
      Add a comment:









      Trackback:
      http://yorutukinohi.jugem.jp/trackback/1337
      CALENDAR
      SMTWTFS
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>
      PR
      ENTRY(latest 5)
      ARCHIVES
      CATEGORY
      COMMENT
      TRACKBACK
      • 伊坂幸太郎氏『アイネクライネナハトムジーク』よんだ【本のツボ】
        粋な提案 (09/23)
      • 米澤穂信氏『折れた竜骨(上・下)』読了 【本のツボ】
        粋な提案 (11/08)
      PROFILE
      天川さくブログランキング
      MOBILE
      qrcode
      LINK
      RECOMMEND
      南極からのしらせ
      南極からのしらせ (JUGEMレビュー »)
      天川 さく
      拙作でございます。長編サスペンス小説。単行本です。エネルギーフォーラム社。◆ペンギンからメールが届いた。太陽の異常活発化のしらせだ。白瀬湊は地球を灼熱地獄から救えるか!?
      RECOMMEND
      それが、カミサマの付き人。【電子書籍】[ 天川さく ]
      それが、カミサマの付き人。【電子書籍】[ 天川さく ] (JUGEMレビュー »)
      お仕事系短編ミステリ。ハードボイルド風味。狙撃されたり報復をとめたりすすめたり、忙しい彼の生き様なのである。
      RECOMMEND
      オトメな彼のオイル事件
      オトメな彼のオイル事件 (JUGEMレビュー »)
      天川さく
      恋バナ大好き、オトメな青年ツルギ。テロで両親兄弟皆殺しになったけど、こうして元気にやってます★ 『英雄になりすぎて部隊にいられなくなった』第2の男の奮闘記。
      RECOMMEND
      探査少年×ファイア【電子書籍】[ 天川さく ]
      探査少年×ファイア【電子書籍】[ 天川さく ] (JUGEMレビュー »)
      相手にキーワードを与えるスキルを持つ少年・クローバー。心を閉ざした彼が自分を許し前進する、切なく愛しい物語。長編サスペンス。
      RECOMMEND
      ダウジングガール
      ダウジングガール (JUGEMレビュー »)
      天川さく
      猫系女子が大好きな上司のために任務に励み、それを犬系男子が邪魔をして? お仕事系長編サスペンス小説。拙作。
      RECOMMEND
      輪廻するペンギンたち
      輪廻するペンギンたち (JUGEMレビュー »)
      天川さく
      拙作。南極にだけいるペンギン、コウテイペンギンの「ぼく」が主人公の短編SFファンタジー。ぼくの記憶は前のぼくから、そしてつぎのぼくへと受け継がれて。世界を救っているんだという、ぼくの奮闘物語。
      RECOMMEND
      ストームセル・メレンゲ
      ストームセル・メレンゲ (JUGEMレビュー »)
      天川さく
      気流の劇的変化。対応できるのは気流が「見える」青年と記憶を搾取された少年。2人が世界を最悪の事態を回避しようと奮闘する物語。
      RECOMMEND
      カラフルな風
      カラフルな風 (JUGEMレビュー »)
      天川さく
      拙作。長編サスペンス。デジタル小説。風に色がついて見える風香。ある日、風力発電所で爆発事故が発生。それを回避できるのは風香だけ!?
      RECOMMEND
      バイカル湖ロスト【電子書籍】[ 天川さく ]
      バイカル湖ロスト【電子書籍】[ 天川さく ] (JUGEMレビュー »)
      長編サスペンス。
      唄うな!封印された唄姫に連続殺人事件。現場はバイカル湖。そのバイカル湖では藻が異常繁殖。しかも藻だけでなく?
      RECOMMEND
      ペンギン事変
      ペンギン事変 (JUGEMレビュー »)
      天川さく
      長編ライトミステリー。カズが主任となったカフェに通うヒイラギは「ペンギン好き?」とカズにいきなり訊ねられる。直後、舞い込んだ事件はペンギン大量死事件。そして現場は意外な場所だった。ツグミが足をひっぱり、ボブが頭をはたく。それでもヒイラギは己を曲げない。頑固で神経質な上に目の前にある事象すべてを自分の手で救いたいと躍起になる男、ヒイラギ。「カズとヒイラギがタッグを組むと案件が複雑になるんだよ。ふざけんなよっ」。ボブの雄叫びが響く場所はどこだ!
      RECOMMEND
      天川さくの環境ガイド 〜地震・火山から暴走温室効果まで〜他人事じゃない、いま地球で起こっているコト
      天川さくの環境ガイド 〜地震・火山から暴走温室効果まで〜他人事じゃない、いま地球で起こっているコト (JUGEMレビュー »)
      天川さく
      このところ天気がおかしいなと思ったことはありませんか? そんなぼんやりとした不安を少し減らします。天気だけではなく、地震や火山、放射線に海で起きていることまで、たっぷり幅広い環境ガイドブック。数式なし! 屁理屈もなし! 押しつけ意見もなし! 地球で起きているちょっとしたことを短い時間で知ってください。
      RECOMMEND
      みずいろの花びら RWM
      みずいろの花びら RWM (JUGEMレビュー »)
      天川さく
      短編ミステリ。
      兄が死んだのは本当に事故だったのか?他殺?それとも…自殺?共感覚者の音色が挑む、美しく切ない事件。粉雪・スノーを経て、ヤキソバから3年後のモノガタリ。
      RECOMMEND
      粉雪ダウンバースト・総集編 RWM
      粉雪ダウンバースト・総集編 RWM (JUGEMレビュー »)
      天川さく
      長編サスペンス小説。親友・チカの失踪と同時に発生したクレーター・ダウンバースト事件。事件は複雑に絡みつき、さらに過激さを増し世界中に犯行予告声明が出された。──人類滅亡計画を実行する──。それはただの予告ではなかった。事件の真意は別にあり、16年に渡る計画が実行されようとしている。世界中を巻き込んだ事件の中心にいたのは、ひとりの青年だった。分冊版『粉雪ダウンバースト』を大幅修正加筆した総集編。
      RECOMMEND
      スノーボール・キス RWM
      スノーボール・キス RWM (JUGEMレビュー »)
      天川さく
      『粉雪ダウンバースト』事件の続編である。

      長編サスペンス恋愛小説。「70億死ぬか、1億死ぬかって話ですよ」。キスによる情報収集スキルを持つキリンがたどり着いた先は地球滅亡!
      RECOMMEND
      マッドサイエンティストの恋人
      マッドサイエンティストの恋人 (JUGEMレビュー »)
      天川さく
      長編サスペンス。誰もが認めるマッドサイエンティストのフォックスは17歳からRWMの技術開発部の部長を務めている。そんなRWMに例によって任務が舞い込む。そのアイテムを超絶技巧で作成する中、恋人の碓氷に異変が。原因は17年前のあの事件!?フォックスの取った想像の斜め上をいく行動とは?
      RECOMMEND
      終焉のソースヤキソバ
      終焉のソースヤキソバ (JUGEMレビュー »)
      天川 さく
      長編ライトミステリ。文庫本。
      音に色がついて見える音色。研修先にやってきたのはヤキソバが名物の街で。先輩マッドに振り回されて音色は任務を遂行できるか。
      無料ブログ作成サービス JUGEM

      (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.