ブログパーツUL5
『岩井クンの祥子センセ事件簿#1おばあちゃんの菜めしおにぎりVSおじいちゃんのカボチャ大福』試し読み【小説】
0

    拙作、連作・短編ミステリ『岩井クンの祥子センセ事件簿』シリーズ

    第1巻おばあちゃんの菜めしおにぎりVSおじいちゃんのカボチャ大福

    (いるかネットブックス)天川さく/ illustration;yorutuki

    ほぼ配信完了☆

     

    あらすじのご紹介をしたかどうか、忘れちゃったけど、そうこうするうちに#2が配信されそうなので、いきなり試し読みです!

    ではどうぞ!!

     

    *試し読み*

    「研究室が決まったっ?」
     秋吉が声を裏返す。岩井クンは低い声でたしなめる。
    「声がデカいよ。もうすぐ授業はじまるんだから」
    「だってお前さ、見にいっただけっしょや。なのにいきなり? あ、くっそー……マジでかー、塩野研が定員って表示になってるわー」
     スマホを操作しつつ秋吉は盛大に顔をしかめた。しばらく、なんでお前が? 優秀な人材をほしがるもんじゃないのか? 早い者勝ちだった? それならおれがいけばよかったー、とボヤき続ける。
    「いったいナニが決め手になったんだよ」
    「そうだなー。……菜めしおにぎり?」
    「へ? 祥子センセもあのにぎりめしを食ったの? だから昨日おれの分がなかったのか」
    「ぼくの分もなかっただろ」
    「いくつ食ったんだよ。そうかー。菜めしおにぎりかー。ならしょうがないなー。アレはマジでうまいもんな」
    「あのな。それにそもそも秋吉は北キャンの研究室が本命じゃん。そっちはどうだったのさ」
     それだよそれ、と秋吉は小声になる。
    「いま北キャンパスやばいんだってよ」
    「ナニそれ」
     秋吉は素早く周囲に視線を走らせる。そしてさらに小声で続けた。
    「事件が起きてんだってよ。窒素ガス大量消費事件」
    「……それのドコが事件?」
    「どうも春先から夏にかけて使われたらしいんだけど、いろんなオープンラボで使われていて人物が特定できてないってさ」
    「もう十月も終わりじゃん。どうしていまごろになって?」
    「窒素ガスの利用集計は年に三回なんだってよ。で、大量に使用されていたのがわかったんだ」
    「んー? 年に三回? 窒素ガスってボンベとかに入ってんじゃないの? ボンベの交換するときに気づかなかったのかな」
    「ボンベもあるけど、北キャンの実験施設エリアには窒素専用の配管があって、コックひねると窒素ガスが出るんだ。大型装置もわんさかあるからボンベじゃ間に合わないんだってさ」
     実験室のそこかしこに窒素ガスのボンベがあって、コックをひねると自由に窒素ガスが出る? そりゃなかなか……物騒だな。換気が悪かったら窒息しそうだ。まあ、よっぽど大量にワザと流し続けないとそんなことにはならないか。
     それにしても、と岩井クンは苦笑する。
     さすが研究機関だよな。窒素を相手に四苦八苦か。なにかよくわからないガスで大騒ぎならまだしも、窒素だよ? 空気のほとんどが窒素なんだから。
    「被害総額が数千万だ」
    「へ」
    「それでもまだ大げさなって顔をしていられるか?」
    「……なるほど。確かに事件だな。警察とかは動いてんの?」
    「岩井クンよ。ここは大学だぜ? 大学自治とかあるっしょや。内々で処理できればそれにこしたことはないんだよ」
    「けどさ。お前だって知ってんじゃん。警察にバレるのも時間の問題じゃん」
    「通報や告発されたわけでもないのに警察が動くかよ。おれだってお前にしか話してない。それこそ──研究室配属に響くだろ」
     それもそうだ、とうなずいていると授業がはじまった。
     岩井クンは真面目に授業を受ける。
     今日の講義内容は『二次電池の種類と用途についてうんぬん』。つまり岩井クンの大好きな蓄電池についてであった。夢中で聞いているうちに岩井クンは事件を忘れた。
     至福のときをすごす岩井クン。講義する教員もここまで真剣に聞いてくれる学生がいて、さぞしあわせであろう。
     昨今の大学で『蓄電池の勉強がしたい』とピンポイントに目標をもって勉学に励む学生は少ない。留学生ならまだしも日本人となるとなおさらである。
     そんな岩井クンを早々に囲い込んだ祥子センセ。ラッキーだったのではない。野生のカンのように反射神経が働いただけであろう。こいつにしておけ、とおじいちゃんから天啓を受けたのかもしれない。実際、祥子センセにしてみれば岩井クンの名前が天啓であった。
     それはのちの話として──。
     授業を終えた岩井クンは指示どおり祥子センセの研究室へ向かった。ナップサックの中には菜めしおにぎりがたっぷり入っている。
     コンコンコン、の三回目のコンのノックをしようとしたところで扉が開いた。
    「ようこそ、おにぎり〜」
     祥子センセが抱きつかんばかりにして岩井クンの腕を引いた。うおっと、と岩井クンはつんのめる。その隙に祥子センセは岩井クンからナップサックを奪った。
    「ちょ、それ、窃盗。ぼくの貴重品も入っていて──」
    「いただきまーす」
     返して、と手を伸ばす先で祥子センセはナップサックからタッパをとり出し、菜めしおにぎりにはむっとかぶりついた。
    「ん〜。この塩加減がクセになる〜」
     岩井クンは苦笑する。
     まあ、おばあちゃんの菜めしおにぎりを喜んでもらえたならなによりかな。
     ……と思ったのは数秒だった。
     祥子センセは岩井クンのナップサックを床へどさりと落とす。そしておにぎりの入ったタッパだけを手に応接セットのソファへぱふんと座った。
    「うわ、ひどっ。ぼくのナップサックっ」
     岩井クンはあわててナップサックを抱きしめた。まったく。この五年間、ぼくと人生をともにしてきた大切なナップサックになにしてくれんの。底についた埃を岩井クンは手ではらう。
     ん? 埃?
     研究室内を見まわす。
     広い研究室であった。
     それほどほかの研究室を見たことはない。それでもこの研究室には窓枠がいくつも広がっている。実験室ならまだしも研究室でこれが広いということはわかる。
     その一角にどっしりとした本棚と大きなデスクセット、それに座り心地のよさそうな応接セットがあった。観葉植物もある。けれど、デスクセットの背後には書類の山、机の上にも書類が崩れそうに積まれていた。
     さらにはモニターがいくつもあってデスク周辺をとり囲んでいた。
     さながら秘密基地だ。
     それはいい。問題は床である。
    「──祥子センセ、掃除してますか」
     ん? と祥子センセは小首をかしげる。うん。かわゆい。すごくかわゆい。けど、それとこれは別問題だから。岩井クンはまくしたてる。
    「してないですよね。したほうがいいです。身体に悪い。ホウキとかありますか? ぼく、やってもいいですか? ああ埃が舞うからおにぎりはタッパにしまって。空気の入れかえもしなくちゃ」
    「あ、開けちゃダメ」
     え、と声に振り返ったときは遅かった。
     すでに岩井クンの手は窓を開けていた。
     たちまちベルが鳴り響く。
    「な、なに?」
    「だからダメっていったのに〜」
    「防犯ベル?」
     激痛が走ったのはそのときだ。両手を後ろにねじりあげられていた。痛みのあまり声も出ない。
    「あー、モモちゃん、違う違う。大丈夫。彼が岩井クンだから」
     祥子センセの声にたちまち身体が自由になる。うっわ……なんだ? 腕をさすりつつ背後を見ると、おそろしくがっしりとした身体つきの壮年の男性が立っていた。きっちりとダークスーツを着ている。
     さながら、と岩井クンが思うより早く祥子センセが紹介をした。
    「彼はあたしのSPのモモちゃん」
    「ホントにSP? 防犯ベルにセキュリティポリスってどんだけっ」
    「それだけ祥子センセの研究はいろんなところで狙われているってコトよ。先週だって産業スパイが入りこもうとしたんだから」
     野太い声が答えた。モモちゃんであった。
     ん? この人ひょっとして。
    「ゲイがそんなに珍しい?」
    「いきなりカミングアウトっ」
    「元気がいいわねえ。イキがイイのは好きよ。祥子センセ、このコを連れていっても?」
    「うん。よろしく〜。雪が降る前にとっておいたほうがいいしね〜」
    「なんの話です?」
     だから、と祥子センセとモモちゃんの声が重なる。
    「大型二種免許。大型特殊車両《ダイトク》だけじゃ心もとないでしょ」
     え、え、ととまどう岩井クンの背中を今日はモモちゃんに押される。
     えっと、ぼく、どこへいく?
     

     

    (ここまで)

    続きは本編で★

    配信先一覧

    Amazon

    Yahoo!ブックス

    BookLive!

    紀伊國屋書店

    オムニ7

    ほか!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    画像クリックでHPの特設サイトへジャンプします。

    濃いキャラ、そろってます。

    北海道ネタ、愛知ネタ、北大ネタたっぷり〜。

    ぜひぜひ〜〜。

     

     

     

     

     

     

     

     

    • 2018.08.19 Sunday
    • 21:28
    • スポンサードリンク
    • -
    • -
    • -
    • -
    スポンサーサイト
    0
      Comment:
      Add a comment:









      Trackback:
      http://yorutukinohi.jugem.jp/trackback/1437
      CALENDAR
      SMTWTFS
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << August 2018 >>
      PR
      ENTRY(latest 5)
      ARCHIVES
      CATEGORY
      COMMENT
      TRACKBACK
      • 伊坂幸太郎氏『アイネクライネナハトムジーク』よんだ【本のツボ】
        粋な提案 (09/23)
      • 米澤穂信氏『折れた竜骨(上・下)』読了 【本のツボ】
        粋な提案 (11/08)
      PROFILE
      天川さくブログランキング
      MOBILE
      qrcode
      LINK
      RECOMMEND
      南極からのしらせ
      南極からのしらせ (JUGEMレビュー »)
      天川 さく
      拙作でございます。長編サスペンス小説。単行本です。エネルギーフォーラム社。◆ペンギンからメールが届いた。太陽の異常活発化のしらせだ。白瀬湊は地球を灼熱地獄から救えるか!?
      RECOMMEND
      岩井クンの祥子センセ事件簿 #4
      岩井クンの祥子センセ事件簿 #4 (JUGEMレビュー »)
      天川さく
      岩井クンの第4巻
      #4キジのかきもちクレープ事件とつなひき大会の謎
      岩井クンのSP・キジ登場! 実は#1からずっと岩井クンの背後で警護していた人物である。2月は目前。どっきどきの1月をご堪能ください。
      RECOMMEND
      岩井クンの祥子センセ事件簿 #3
      岩井クンの祥子センセ事件簿 #3 (JUGEMレビュー »)
      天川さく
      岩井クンの第3巻
      #3バームクーヘン問題と優花ちゃんのクリスマス事件
      12月の物語である。新ヒロインに大学総長が参入し、岩井クンはさらにバタバタに。理系男子はキスごときで動じない。そこにすべき研究があるならば! よろしくお願いします。
      RECOMMEND
      岩井クンの祥子センセ事件簿 #2
      岩井クンの祥子センセ事件簿 #2 (JUGEMレビュー »)
      天川さく
      #2鬼まんじゅうとシュワちゃんの探しモノ。拙作。岩井クンの2巻。祥子センセの研究室で蓄電池作りに励む岩井クン。そこに登場したのは壮年の外国人男性、シュワちゃん。シュワちゃんの目的とは?
      RECOMMEND
      岩井クンの祥子センセ事件簿 #1
      岩井クンの祥子センセ事件簿 #1 (JUGEMレビュー »)
      天川さく
      連作・短編ミステリ。
      超おばあちゃんコの岩井クンは超おじいちゃんコの祥子センセの研究室へ。祥子センセは25歳の美人で天才で……天然な人だった!
      RECOMMEND
      ヴィーナスダンス【電子書籍】[ 天川さく ]
      ヴィーナスダンス【電子書籍】[ 天川さく ] (JUGEMレビュー »)
      長編SFサスペンス。育児放棄にあった8歳の少女と正真正銘の40男の英雄が家族になろうとして、でも世界はそれを阻み──。家族と世界の物語。
      RECOMMEND
      それが、カミサマの付き人。【電子書籍】[ 天川さく ]
      それが、カミサマの付き人。【電子書籍】[ 天川さく ] (JUGEMレビュー »)
      お仕事系短編ミステリ。ハードボイルド風味。狙撃されたり報復をとめたりすすめたり、忙しい彼の生き様なのである。
      RECOMMEND
      オトメな彼のオイル事件
      オトメな彼のオイル事件 (JUGEMレビュー »)
      天川さく
      恋バナ大好き、オトメな青年ツルギ。テロで両親兄弟皆殺しになったけど、こうして元気にやってます★ 『英雄になりすぎて部隊にいられなくなった』第2の男の奮闘記。
      RECOMMEND
      探査少年×ファイア【電子書籍】[ 天川さく ]
      探査少年×ファイア【電子書籍】[ 天川さく ] (JUGEMレビュー »)
      相手にキーワードを与えるスキルを持つ少年・クローバー。心を閉ざした彼が自分を許し前進する、切なく愛しい物語。長編サスペンス。
      RECOMMEND
      ダウジングガール
      ダウジングガール (JUGEMレビュー »)
      天川さく
      猫系女子が大好きな上司のために任務に励み、それを犬系男子が邪魔をして? お仕事系長編サスペンス小説。拙作。
      RECOMMEND
      輪廻するペンギンたち
      輪廻するペンギンたち (JUGEMレビュー »)
      天川さく
      拙作。南極にだけいるペンギン、コウテイペンギンの「ぼく」が主人公の短編SFファンタジー。ぼくの記憶は前のぼくから、そしてつぎのぼくへと受け継がれて。世界を救っているんだという、ぼくの奮闘物語。
      RECOMMEND
      ストームセル・メレンゲ
      ストームセル・メレンゲ (JUGEMレビュー »)
      天川さく
      気流の劇的変化。対応できるのは気流が「見える」青年と記憶を搾取された少年。2人が世界を最悪の事態を回避しようと奮闘する物語。
      RECOMMEND
      カラフルな風
      カラフルな風 (JUGEMレビュー »)
      天川さく
      拙作。長編サスペンス。デジタル小説。風に色がついて見える風香。ある日、風力発電所で爆発事故が発生。それを回避できるのは風香だけ!?
      RECOMMEND
      バイカル湖ロスト【電子書籍】[ 天川さく ]
      バイカル湖ロスト【電子書籍】[ 天川さく ] (JUGEMレビュー »)
      長編サスペンス。
      唄うな!封印された唄姫に連続殺人事件。現場はバイカル湖。そのバイカル湖では藻が異常繁殖。しかも藻だけでなく?
      RECOMMEND
      ペンギン事変
      ペンギン事変 (JUGEMレビュー »)
      天川さく
      長編ライトミステリー。カズが主任となったカフェに通うヒイラギは「ペンギン好き?」とカズにいきなり訊ねられる。直後、舞い込んだ事件はペンギン大量死事件。そして現場は意外な場所だった。ツグミが足をひっぱり、ボブが頭をはたく。それでもヒイラギは己を曲げない。頑固で神経質な上に目の前にある事象すべてを自分の手で救いたいと躍起になる男、ヒイラギ。「カズとヒイラギがタッグを組むと案件が複雑になるんだよ。ふざけんなよっ」。ボブの雄叫びが響く場所はどこだ!
      RECOMMEND
      天川さくの環境ガイド 〜地震・火山から暴走温室効果まで〜他人事じゃない、いま地球で起こっているコト
      天川さくの環境ガイド 〜地震・火山から暴走温室効果まで〜他人事じゃない、いま地球で起こっているコト (JUGEMレビュー »)
      天川さく
      このところ天気がおかしいなと思ったことはありませんか? そんなぼんやりとした不安を少し減らします。天気だけではなく、地震や火山、放射線に海で起きていることまで、たっぷり幅広い環境ガイドブック。数式なし! 屁理屈もなし! 押しつけ意見もなし! 地球で起きているちょっとしたことを短い時間で知ってください。
      RECOMMEND
      みずいろの花びら RWM
      みずいろの花びら RWM (JUGEMレビュー »)
      天川さく
      短編ミステリ。
      兄が死んだのは本当に事故だったのか?他殺?それとも…自殺?共感覚者の音色が挑む、美しく切ない事件。粉雪・スノーを経て、ヤキソバから3年後のモノガタリ。
      RECOMMEND
      粉雪ダウンバースト・総集編 RWM
      粉雪ダウンバースト・総集編 RWM (JUGEMレビュー »)
      天川さく
      長編サスペンス小説。親友・チカの失踪と同時に発生したクレーター・ダウンバースト事件。事件は複雑に絡みつき、さらに過激さを増し世界中に犯行予告声明が出された。──人類滅亡計画を実行する──。それはただの予告ではなかった。事件の真意は別にあり、16年に渡る計画が実行されようとしている。世界中を巻き込んだ事件の中心にいたのは、ひとりの青年だった。分冊版『粉雪ダウンバースト』を大幅修正加筆した総集編。
      RECOMMEND
      スノーボール・キス RWM
      スノーボール・キス RWM (JUGEMレビュー »)
      天川さく
      『粉雪ダウンバースト』事件の続編である。

      長編サスペンス恋愛小説。「70億死ぬか、1億死ぬかって話ですよ」。キスによる情報収集スキルを持つキリンがたどり着いた先は地球滅亡!
      RECOMMEND
      マッドサイエンティストの恋人
      マッドサイエンティストの恋人 (JUGEMレビュー »)
      天川さく
      長編サスペンス。誰もが認めるマッドサイエンティストのフォックスは17歳からRWMの技術開発部の部長を務めている。そんなRWMに例によって任務が舞い込む。そのアイテムを超絶技巧で作成する中、恋人の碓氷に異変が。原因は17年前のあの事件!?フォックスの取った想像の斜め上をいく行動とは?
      RECOMMEND
      終焉のソースヤキソバ
      終焉のソースヤキソバ (JUGEMレビュー »)
      天川 さく
      長編ライトミステリ。文庫本。
      音に色がついて見える音色。研修先にやってきたのはヤキソバが名物の街で。先輩マッドに振り回されて音色は任務を遂行できるか。
      無料ブログ作成サービス JUGEM

      (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.