ブログパーツUL5
『岩井クンの祥子センセ事件簿#4キジのかきもちクレープ事件とつなひき大会の謎』試し読み☆彡【小説】
0

    『岩井クンの祥子センセ事件簿』もいよいよ#4

    「キジのかきもちクレープ事件とつなひき大会の謎」の巻き(1月)でございます。

    本作のメインミステリ『2月事件』。

    それをあとひと月に残し、そして『2月事件』の真相を知った岩井クンは。

    ともあれ、試し読みをどうぞ!

     

     

     

     

    (画像クリックでHP岩井クンサイトへジャンプ)

    * 試し読み *

     


     おおお、と再度声があがる。
    「ぷっくーって膨らむ。すごい。おいしそう。いいにおい。もう食べてもいいの?」
     祥子センセが目を輝かせる。ああちょっと待って、と軍手をはめた手で岩井クンは制した。
    「熱いし、まだ味がついていません。何味にします?」
    「甘辛味〜」
     了解です、と岩井クンはあらかじめ作ってきたタレを膨らんだかきもちへハケで塗る。軍手で裏返し裏面にも塗って、乾いたところを祥子センセの皿へおいた。
    「いっただきまーす。あっち、うわ、さっくさく、ふっわふわ、おいひい〜」
     満面の笑顔になった祥子センセに岩井クンは目を細める。
    「僕は塩味がいいな」
    「アタシは甘いやつ」
     嶋太郎とモモちゃんの注文に、はいはい、と答え、岩井クンはパーカー姿の青年に顔を向けた。
    「キジさんはどうされますか?」
    「僕までいいんですか? なら塩味でお願いします」
    「はい」
    「それからもっとラフな口調で構いません。ほかの学生に怪しまれますし」
     ひとまわりも年上の人にいえるか、と思いつつも、ハイ、と返答をする。
    「僕も『タツキさん』って呼ばせていただきます」
     はあ、と答える岩井クンと「なんですってっ」と声を裏返すモモちゃんの声が重なる。
    「木慈《きじ》―。あんた調子にのってんじゃないわよ。アタシの岩井クンのファーストネームを呼ぶだなんて。レイチェルたちならまだしも。馴れ馴れしいにもほどがあるわっ」
    「だからこそです。藻茂《もも》先輩と同じ呼び方をするなんておそれ多くて。だから『タツキさん』にしました」
     うぐう、とモモちゃんが唇を震わせる。
     モモちゃんを先輩と呼ぶ学生風の青年、彼は岩井クン専属のSPであった。
     ずっと気配を感じつつも数カ月姿をあらわさず岩井クンの警護をしていた人物である。モモちゃんが「アタシの後輩よ。優秀なの。そろそろ紹介するわね」と告げてひと月が経過しての対面である。
     岩井クンの前でずっとにこにこと笑っている青年。
     どこからどう見ても学生にしか見えないのだが──。
    「彼が木慈。岩井クンが十月にここへ配属してから岩井クンについていたSP。こう見えても三十二よ」
    「さんじゅうにっ」
     失礼とはわかっていても思わずひらがなでさけんだ。
    「すごい童顔でしょ? 陸上自衛隊時代はコレで苦労したみたいだけど、SPになってからは重宝しているのよね」
     ハイ、とキジはあどけなく笑う。現役入学学生の友人・秋吉《あきよし》と同年齢、二十一歳くらいにしか見えない。肌もつやつやである。しみじみと見ていると、「タツキさんほどじゃないですよ」と返された。
     どうしてぼくの気持ちがわかったっ?
    「ダテにSPをしていません。はふはふ、本当だ。これは芳ばしくておいしいですね。いや、タツキさんが作ったからですかね」
    「木慈―。あんた本当に調子にのるんじゃないわよっ。それに『タツキ、タツキ』って馴れ馴れしくて聞いてるこっちが腹が立つわー」
     モモちゃんがドスのきいた声を出す。慣れているのか、キジは意に介することなく「そうだ先輩」と明るい顔をモモちゃんへ向ける。
    「タツキさんにキッチンカーを使ってもらうのはどうですか?」
    「キッチンカー?」
    「大学構内でも体育館前とか中央図書館前に昼になると出ているアレですよ。車内で料理を作って販売しているヤツ」
    「……二月にそなえて? 二月にそんなコトしている暇があると思ってんの?」
    「なくてもタツキさんなら身近なものでやりそうですし」
     うぐう、とモモちゃんは再び黙る。
     二月……。
     岩井クンは視線を伏せてかきもちを焼く。
     二月になにかが起きる。だからそれまでにNa・S蓄電池を三万個作るように岩井クンは祥子センセたちから無茶苦茶な厳命をされている。バイト代も出る。楽に生活できるほどの金額である。そしてこれは学会やデモンストレーションで使うのではない。
     ならば二月になにがあるのか。
     起きるのか。
     ずっと知らされずにひたすらNa・S蓄電池を作らされ続けていた。けれどいまはもう──。
     岩井クンの思いをくんだようにモモちゃんが肩をすくめた。
    「わかったわ。木慈、手配を頼むわ。ハードなタイプの車両にして」
    「はい。あ、こんなに大量にあっても食べきれないでしょうから、かきもちも積んでおきますね」
     えー、と不満の声をあげる祥子センセへキジはにこりと「タツキさんのアパートにも五箱も届きました。それをここで食べては?」と告げた。
     だーかーらー、なんで知ってんのっ。どこまで知ってんのっ。
     ぼくのプライバシーは? 
     そこまで思って岩井クンはハッとする。
     ひょっとしておばちゃんたちの前にあらわれた『普通の学生さん』って。
    「ああ、僕です」
     さらりと答えるキジに、岩井クンは両手で顔をおおう。
     お願いだから声にしていないことに答えないで。優秀なのはよくわかったけど、こわいじゃんっ。
     その翌日のことであった。
     学食へ向かっていると、岩井クンは背中を叩かれた。
     見知らぬ教員風の人が立っていた。
     まさか──この人もSPさん? 
     警戒した視線を向ける岩井クンへ「ああそうか急にごめん」と教員風の人は慌てて続けた。
    「僕は応用エコマテリアル分野の助教。塩野研の岩井クンだよね」
    「……そうですけど」
    「頼みがあるんだ。つなひき大会に参加してくれないかな」
    「つなひき大会?」
     思いっきり顔をしかめる。この人、なにをいってんだ?
    「明日からあるんだよ。ほら」
     自称助教は斜め前にあるポスターを指で示した。
     ……本当だ。北大工学系つなひき大会ってある。っていまは一月だよ? ……こんな真冬につなひき? なんでつなひき?
     疑問符が頭の中をかけめぐる。そもそも目の前の人が本当に助教という保証もない。岩井クンはなおも警戒した声を出す。ヤバい目にはこの数カ月、本当にイヤになるほど遭っている。いまさらとは思うが、まだ君野総長の手が回っている?
    「……応エコマテっていいましたっけ」
    「うんそう」
     いいながら自称助教はポケットから職員証をとり出し岩井クンへ見せた。本当に助教のようであった。それはそれで、学生へわざわざ親切に身分証明をするのも怪しい。
     あの、と岩井クンはなおも警戒したまま声を出す。
    「塩野研は応エコマテじゃないんで参加するのはどうかと」
    「大丈夫。細かいことをいえば塩野研ってエネルギー変換マテリアルに入るから応エコマテに関係するし」
     大学独自のそのへんの分類になるとややこしすぎてよくわからない。しかたなく黙っていると助教は続けた。
    「そうじゃなくても、どこも人手不足だから大会をやるのに助っ人はOKなんだよ。さすがに観光客はNGだけど学生ならとおりすがりの歯学部生でもいいくらい」
     ずいぶんといい加減だな。あきれる岩井クンへ、「じゃあ明日頼んだよー」と明るく声をかけて助教は去っていった。
     ……うーん。出るのはいいとして、なんでぼくを誘ったんだ?
     思わず顎に手を当てる。近くにいるはずのキジに相談しようとふり返ったときであった。
     見覚えのある二人が手をつないで近づいて来る。広いとはいえない廊下を肩をよせ合い楽しげに歩いていた。手は指を絡め合った恋人つなぎであった。
     なんとまあ、わかりやすいヤツらだ。
     思わず岩井クンは腕を組む。
     あ、と顔を向けたのは優花《ゆうか》ちゃんのほうであった。秋吉は自慢げな笑みを岩井クンへ向ける。
    「あ、あのね。私たち……」
    「見ればわかる」
     そして岩井クンは拳を作り、そっと二人の額をコツンと叩いた。
    「遅すぎるでしょ。つき合うまでに三年かかるって、高校生かよ」
     優花ちゃんははにかんで頬を赤らめる。
     秋吉も優花ちゃんも岩井クンが大学へ入ってずっと親身につきあってくれる大切な友人だ。大切すぎて、ひと月前は優花ちゃんのために岩井クンは肋骨を数本折るという事態に陥ったほどである。
     岩井クンは優花ちゃんへ小声でたずねた。
    「研究室、かわれた?」
    「北キャンパスの蓄電池をやっている研究室に入れたわ。秋吉クンがいろいろやってくれて。リチウムイオン電池なの」
    「あー。最近また流行りだもんね」
    「さすが。知っているんだ」
    「シュワルツネッガー教授が何本か論文書いてて。祥子センセから読むようにいわれたからね」
    「シュワルツネッガー教授。守備範囲、広っ」
     秋吉が目を丸くし、飯食おうぜ、と学食へ歩き出す。うん、と嬉しげに続く優花ちゃんに岩井クンはやわらかく目を細めた。
     ──先月、意を決して君野総長と話をしてよかった。
     岩井クンは胸の中で深くうなずく。


    (続きは本編で)

    yahoo!ブックス

    Amazon

    紀伊國屋書店

    au

    ハイブリッド型総合書店honto

    ほか

    配信先一覧

     

     

    よろしくデス(゚Д゚)ノ

     

     

    • 2018.10.18 Thursday
    • 15:13
    • スポンサードリンク
    • -
    • -
    • -
    • -
    スポンサーサイト
    0
      Comment:
      Add a comment:









      Trackback:
      http://yorutukinohi.jugem.jp/trackback/1490
      CALENDAR
      SMTWTFS
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << October 2018 >>
      PR
      ENTRY(latest 5)
      ARCHIVES
      CATEGORY
      COMMENT
      TRACKBACK
      • 伊坂幸太郎氏『アイネクライネナハトムジーク』よんだ【本のツボ】
        粋な提案 (09/23)
      • 米澤穂信氏『折れた竜骨(上・下)』読了 【本のツボ】
        粋な提案 (11/08)
      PROFILE
      天川さくブログランキング
      MOBILE
      qrcode
      LINK
      RECOMMEND
      南極からのしらせ
      南極からのしらせ (JUGEMレビュー »)
      天川 さく
      拙作・長編サスペンス小説。単行本です。エネルギーフォーラム社。◆ペンギンからメールが届いた。太陽の異常活発化のしらせだ。白瀬湊は地球を灼熱地獄から救えるか!?
      RECOMMEND
      岩井クンの祥子センセ事件簿 #5
      岩井クンの祥子センセ事件簿 #5 (JUGEMレビュー »)
      天川さく
      岩井クンの第5巻

      #5大活躍だよ、キッチンカーと勇者よわいモノ説

      10月、祥子センセに出会った岩井クンは2月を迎え、そして──『2月問題』に直面する。彼の、彼らの奮闘をご覧あれ! 日本に住むすべての人に関わる物語です。

      次巻、最終話!!
      RECOMMEND
      岩井クンの祥子センセ事件簿 #4
      岩井クンの祥子センセ事件簿 #4 (JUGEMレビュー »)
      天川さく
      岩井クンの第4巻
      #4キジのかきもちクレープ事件とつなひき大会の謎
      岩井クンのSP・キジ登場! 実は#1からずっと岩井クンの背後で警護していた人物である。2月は目前。どっきどきの1月をご堪能ください。
      RECOMMEND
      岩井クンの祥子センセ事件簿 #3
      岩井クンの祥子センセ事件簿 #3 (JUGEMレビュー »)
      天川さく
      岩井クンの第3巻
      #3バームクーヘン問題と優花ちゃんのクリスマス事件
      12月の物語である。新ヒロインに大学総長が参入し、岩井クンはさらにバタバタに。理系男子はキスごときで動じない。そこにすべき研究があるならば! よろしくお願いします。
      RECOMMEND
      岩井クンの祥子センセ事件簿 #2
      岩井クンの祥子センセ事件簿 #2 (JUGEMレビュー »)
      天川さく
      #2鬼まんじゅうとシュワちゃんの探しモノ。拙作。岩井クンの2巻。祥子センセの研究室で蓄電池作りに励む岩井クン。そこに登場したのは壮年の外国人男性、シュワちゃん。シュワちゃんの目的とは?
      RECOMMEND
      岩井クンの祥子センセ事件簿 #1
      岩井クンの祥子センセ事件簿 #1 (JUGEMレビュー »)
      天川さく
      連作・短編ミステリ。
      超おばあちゃんコの岩井クンは超おじいちゃんコの祥子センセの研究室へ。祥子センセは25歳の美人で天才で……天然な人だった!
      RECOMMEND
      ヴィーナスダンス【電子書籍】[ 天川さく ]
      ヴィーナスダンス【電子書籍】[ 天川さく ] (JUGEMレビュー »)
      長編SFサスペンス。育児放棄にあった8歳の少女と正真正銘の40男の英雄が家族になろうとして、でも世界はそれを阻み──。家族と世界の物語。
      RECOMMEND
      それが、カミサマの付き人。【電子書籍】[ 天川さく ]
      それが、カミサマの付き人。【電子書籍】[ 天川さく ] (JUGEMレビュー »)
      お仕事系短編ミステリ。ハードボイルド風味。狙撃されたり報復をとめたりすすめたり、忙しい彼の生き様なのである。
      RECOMMEND
      オトメな彼のオイル事件
      オトメな彼のオイル事件 (JUGEMレビュー »)
      天川さく
      恋バナ大好き、オトメな青年ツルギ。テロで両親兄弟皆殺しになったけど、こうして元気にやってます★ 『英雄になりすぎて部隊にいられなくなった』第2の男の奮闘記。
      RECOMMEND
      探査少年×ファイア【電子書籍】[ 天川さく ]
      探査少年×ファイア【電子書籍】[ 天川さく ] (JUGEMレビュー »)
      相手にキーワードを与えるスキルを持つ少年・クローバー。心を閉ざした彼が自分を許し前進する、切なく愛しい物語。長編サスペンス。
      RECOMMEND
      ダウジングガール
      ダウジングガール (JUGEMレビュー »)
      天川さく
      猫系女子が大好きな上司のために任務に励み、それを犬系男子が邪魔をして? お仕事系長編サスペンス小説。拙作。
      RECOMMEND
      輪廻するペンギンたち
      輪廻するペンギンたち (JUGEMレビュー »)
      天川さく
      拙作。南極にだけいるペンギン、コウテイペンギンの「ぼく」が主人公の短編SFファンタジー。ぼくの記憶は前のぼくから、そしてつぎのぼくへと受け継がれて。世界を救っているんだという、ぼくの奮闘物語。
      RECOMMEND
      ストームセル・メレンゲ
      ストームセル・メレンゲ (JUGEMレビュー »)
      天川さく
      気流の劇的変化。対応できるのは気流が「見える」青年と記憶を搾取された少年。2人が世界を最悪の事態を回避しようと奮闘する物語。
      RECOMMEND
      カラフルな風
      カラフルな風 (JUGEMレビュー »)
      天川さく
      拙作。長編サスペンス。デジタル小説。風に色がついて見える風香。ある日、風力発電所で爆発事故が発生。それを回避できるのは風香だけ!?
      RECOMMEND
      バイカル湖ロスト【電子書籍】[ 天川さく ]
      バイカル湖ロスト【電子書籍】[ 天川さく ] (JUGEMレビュー »)
      長編サスペンス。
      唄うな!封印された唄姫に連続殺人事件。現場はバイカル湖。そのバイカル湖では藻が異常繁殖。しかも藻だけでなく?
      RECOMMEND
      ペンギン事変
      ペンギン事変 (JUGEMレビュー »)
      天川さく
      長編ライトミステリー。カズが主任となったカフェに通うヒイラギは「ペンギン好き?」とカズにいきなり訊ねられる。直後、舞い込んだ事件はペンギン大量死事件。そして現場は意外な場所だった。ツグミが足をひっぱり、ボブが頭をはたく。それでもヒイラギは己を曲げない。頑固で神経質な上に目の前にある事象すべてを自分の手で救いたいと躍起になる男、ヒイラギ。「カズとヒイラギがタッグを組むと案件が複雑になるんだよ。ふざけんなよっ」。ボブの雄叫びが響く場所はどこだ!
      RECOMMEND
      天川さくの環境ガイド 〜地震・火山から暴走温室効果まで〜他人事じゃない、いま地球で起こっているコト
      天川さくの環境ガイド 〜地震・火山から暴走温室効果まで〜他人事じゃない、いま地球で起こっているコト (JUGEMレビュー »)
      天川さく
      このところ天気がおかしいなと思ったことはありませんか? そんなぼんやりとした不安を少し減らします。天気だけではなく、地震や火山、放射線に海で起きていることまで、たっぷり幅広い環境ガイドブック。数式なし! 屁理屈もなし! 押しつけ意見もなし! 地球で起きているちょっとしたことを短い時間で知ってください。
      RECOMMEND
      みずいろの花びら RWM
      みずいろの花びら RWM (JUGEMレビュー »)
      天川さく
      短編ミステリ。
      兄が死んだのは本当に事故だったのか?他殺?それとも…自殺?共感覚者の音色が挑む、美しく切ない事件。粉雪・スノーを経て、ヤキソバから3年後のモノガタリ。
      RECOMMEND
      粉雪ダウンバースト・総集編 RWM
      粉雪ダウンバースト・総集編 RWM (JUGEMレビュー »)
      天川さく
      長編サスペンス小説。親友・チカの失踪と同時に発生したクレーター・ダウンバースト事件。事件は複雑に絡みつき、さらに過激さを増し世界中に犯行予告声明が出された。──人類滅亡計画を実行する──。それはただの予告ではなかった。事件の真意は別にあり、16年に渡る計画が実行されようとしている。世界中を巻き込んだ事件の中心にいたのは、ひとりの青年だった。分冊版『粉雪ダウンバースト』を大幅修正加筆した総集編。
      RECOMMEND
      スノーボール・キス RWM
      スノーボール・キス RWM (JUGEMレビュー »)
      天川さく
      『粉雪ダウンバースト』事件の続編である。

      長編サスペンス恋愛小説。「70億死ぬか、1億死ぬかって話ですよ」。キスによる情報収集スキルを持つキリンがたどり着いた先は地球滅亡!
      RECOMMEND
      マッドサイエンティストの恋人
      マッドサイエンティストの恋人 (JUGEMレビュー »)
      天川さく
      長編サスペンス。誰もが認めるマッドサイエンティストのフォックスは17歳からRWMの技術開発部の部長を務めている。そんなRWMに例によって任務が舞い込む。そのアイテムを超絶技巧で作成する中、恋人の碓氷に異変が。原因は17年前のあの事件!?フォックスの取った想像の斜め上をいく行動とは?
      RECOMMEND
      終焉のソースヤキソバ
      終焉のソースヤキソバ (JUGEMレビュー »)
      天川 さく
      長編ライトミステリ。文庫本。
      音に色がついて見える音色。研修先にやってきたのはヤキソバが名物の街で。先輩マッドに振り回されて音色は任務を遂行できるか。
      無料ブログ作成サービス JUGEM

      (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.